コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影響力[国際政治] えいきょうりょく[こくさいせいじ]influence

翻訳|influence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

影響力[国際政治]
えいきょうりょく[こくさいせいじ]
influence

AとBの2者間の関係において,それがなければBが行わないような何かをBに行わせるAの能力のことを,Bに対するAの影響力という (R.ダールによる定義) 。政治現象における「力」 powerを説明する行動科学的概念としては,物理的な力,すなわち武力の行使にいたらぬ穏やかな力を意味する。 J.シンガーは,国家間における影響力行使の状態とテクニックを理論モデル化したが,その際AがBに対して何かを行わせることばかりでなく,何かを行わせないことをも考慮し,したがってBの行動を強化する影響力と修正する影響力の両側面にまたがって,Bの現在の行動に対するAの知覚,Bの将来の行動に対するAの知覚を,8つの組合せに分けた。またそれぞれの組合せについて,懲罰,報償,脅迫,約束の4つのテクニックをあげている。 K.ドイッチュによれば,国家間の影響力行使の一般的方法としては,(1) 対象国との文化交流 (留学資金の供与や文化人の派遣,招請) ,(2) 対象国のマスメディアへの働きかけ (ニュースの提供や広告) ,(3) 対象国のマスメディアの支配,(4) 対象国の産業の支配,(5) 対象国への経済援助や軍事援助,(6) 対象国への力の誇示 (艦隊の派遣) などが考えられ,それ以上の段階にいたれば,実力の行使にならざるをえない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android