コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往来妨害罪 おうらいぼうがいざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往来妨害罪
おうらいぼうがいざい

道路,鉄道,船舶などの交通手段の妨害によって,公共の危険を生ぜしめる罪。刑法 124条以下に規定がある。このなかには,陸路水路,橋を損壊し,または閉鎖して交通の妨害を生じさせる単純往来妨害罪や,鉄道,その標識,灯台浮標の損壊などの手段によって汽車,電車,艦船の往来を危険にいたらしめる犯罪,汽車,電車の顛覆および艦船の覆没罪,さらには過失による汽車などの往来危険と顛覆などの犯罪が含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

往来妨害罪【おうらいぼうがいざい】

交通を妨害する罪(刑法124条以下)。陸路,水路,橋の損壊等による狭義の往来妨害罪,鉄道の損壊その他により汽車,電車,艦船の往来に危険を生じさせる往来危険罪,現に人がいる車船転覆,覆没,破壊する罪(以上の各罪で人を死傷させたときは刑を加重),過失および業務上過失による過失往来危険罪。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうらいぼうがいざい【往来妨害罪】

陸上・水上の交通の安全をおびやかす罪をいう。現代社会においては,交通機関は高度に発達し,市民生活はそれによって支えられている。したがって,このような交通の安全をおびやかす行為は,一般市民の生命・身体に重大な脅威をもたらすから,それを禁圧する必要性は大きい。現行刑法は,このような交通の安全をおびやかす行為のうち,陸上水上交通に関する次のような類型のとくに危険な行為を〈第2編第11章往来を妨害する罪〉として処罰の対象とし,その他の行為の規制は,道路交通法などの諸法令にゆだねている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうらいぼうがいざい【往来妨害罪】

交通路や交通機関に障害・危険を発生させ、通行の安全を脅かす罪。電車・船舶などを破壊する罪、陸路や水路を損壊・閉鎖する罪、鉄道・灯台を破壊する罪がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

往来妨害罪
おうらいぼうがいざい

刑法第2編第11章の「往来を妨害する罪」とは、陸上や海上の交通安全を保護するため、交通路や交通機関の運行に支障をきたす行為を処罰するものである(刑法124条~129条)。ここには、(1)陸路・水路・橋を損壊・閉塞(へいそく)(遮断)して往来を妨害する往来妨害罪のほか、(2)鉄道や標識を損壊したり、水路について灯台や浮標を損壊するなどの方法により、汽車、電車、艦船の往来に危険を生じさせる往来危険罪、(3)現に人がいる汽車・電車・艦船を転覆・破壊する汽車等転覆・破壊罪がある。これらの罪は未遂犯のほか、(2)(3)の罪については過失犯も処罰される。また、これらの罪にあたる行為によって、人を死傷させた場合は重く処罰される。ただ、本罪には自動車や航空機は含まれず、自動車交通については道路法、高速自動車国道法、道路交通法、道路運送法があり、航空機の航行については「航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」などがある。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

往来妨害罪の関連キーワード公共危険罪交通犯罪通行

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android