コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先先/前前 サキザキ

デジタル大辞泉の解説

さき‐ざき【先先/前】

これから過ごす遠い先。行く末。のちのち。「―のことを考える」
出かける場所場所。「行く―で歓迎を受けた」
以前。まえまえ。「―から周到の用意をしていた」
それぞれの端の部分。はしばし。「の―」

せん‐せん【先先】

[語素]年月や順序を示す名詞の上に付いて複合語をつくり、その前の前である意を表す。前々(ぜんぜん)。「先先週」「先先代の会長」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さきざき【先先】

遠い将来。行く末。前途。 「 -が思いやられる」 「 -どうなることか」
出かけて行く方々のところ。行く先行く先。 「行く-で歓迎をうける」
まえまえ。ずっと以前。 「 -からの準備」

せんせん【先先】

名詞の上に付けて、「前の前」の意を表す。前前。 「 -日」 「 -回」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先先/前前の関連キーワード為替先物取引松本紘史郎行く先先先先代去去月複合語至る所前前準備

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android