徴する(読み)チョウスル

デジタル大辞泉の解説

ちょう・する【徴する】

[動サ変][文]ちょう・す[サ変]
呼び寄せる。召す。「将兵を―・する」
証明する。また、照らし合わせる。「実例に―・する」
取り立てる。徴収する。「税を―・する」
もとめる。要求する。「意見を―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうする【徴する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ちよう・す
証拠を求める。照らし合わせる。 「歴史に-・しても明らかである」
求める。要求する。 「広く国民各層の意見を-・する」
とりたてる。 「租税を-・する」
呼び出す。召す。 「兵を-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android