頼む(読み)タノム

デジタル大辞泉「頼む」の解説

たの・む【頼む/×恃む/×憑む】

[動マ五(四)]
相手に、こちらが希望するようにしてくれることを伝えて願う。依頼する。「用事を―・む」「口外しないよう―・む」「代筆を―・む」
たよりになるものとしてあてにする。力としてたよる。「大黒柱と―・む人」「数を―・んで強行する」
用事や処置を他にゆだねる。まかせて、すっかりしてもらう。「子供を―・んで夫婦で出かける」「あとを―・む」
何かをしてもらうために呼ぶ。また、注文する。「医者を―・む」「タクシーを―・む」「出前を―・む」
他家に行って案内を請う。「たのみましょう」「たのもう」などの形で、感動詞的に用いる。
「『―・む』と案内を乞う」〈漱石草枕
信用する。信頼する。
「東人(あづまうど)こそ言ひつることは―・まるれ」〈徒然・一四一〉
[可能]たのめる
[動マ下二]頼りに思わせる。あてにさせる。
「待つ人は障(さは)りありて、―・めぬ人は来たり」〈徒然・一八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android