コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼む/恃む/憑む タノム

デジタル大辞泉の解説

たの・む【頼む/×恃む/×憑む】

[動マ五(四)]
相手に、こちらが希望するようにしてくれることを伝えて願う。依頼する。「用事を―・む」「口外しないよう―・む」「代筆を―・む」
たよりになるものとしてあてにする。力としてたよる。「大黒柱と―・む人」「数を―・んで強行する」
用事や処置を他にゆだねる。まかせて、すっかりしてもらう。「子供を―・んで夫婦で出かける」「あとを―・む」
何かをしてもらうために呼ぶ。また、注文する。「医者を―・む」「タクシーを―・む」「出前を―・む」
他家に行って案内を請う。「たのみましょう」「たのもう」などの形で、感動詞的に用いる。
「『―・む』と案内を乞う」〈漱石草枕
信用する。信頼する。
「東人(あづまうど)こそ言ひつることは―・まるれ」〈徒然・一四一〉
[可能]たのめる
[動マ下二]頼りに思わせる。あてにさせる。
「待つ人は障(さは)りありて、―・めぬ人は来たり」〈徒然・一八九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

頼む/恃む/憑むの関連キーワード取り纏め・取り纒めリテイナーフィー尻を持ち込む辞を低くする懇願・悃願シルブプレ雁の玉章体が空く門を叩く手を突く頼み入る追い縋る仕様模様おいきた無理頼み泣き縋る頼み込むオーライ又頼み叩き箸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android