コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強請る ネダル

デジタル大辞泉の解説

ねだ・る【強請る】

[動ラ五(四)]
甘えたり、無理に頼んだりしてほしいものを請い求める。せがむ。せびる。「小遣いを―・る」「おもちゃを―・る」
難くせをつけて要求する。ゆする。
「おれを―・って銀取らうとは」〈浄・曽根崎
ぐずぐず文句を言う。ごねる。
「客様さへ紛らかしてくれなさるに、華車様聞こえぬと―・りけるを」〈咄・軽口大黒柱・四〉
[動ラ下二]に同じ。
「たった今給はらんとぞ―・れける」〈浄・百日曽我
[用法]ねだる・せがむ――「小遣いをねだる(せがむ)」「公園に連れていってとねだる(せがむ)」など、物や行為を求める意では相通じて用いられる。◇「ねだる」のほうが用いられる範囲が広く、物品に関しても行動に関しても言う。また「無いものねだり」「おねだり」のような名詞的用法も「ねだる」に限られる。◇「せがむ」のほうは、「幼児が母親に抱いてとせがむ(=だっこをせがむ)」のように、行為を要求する場合に多く用いる。◇類似の語に「せびる」がある。しつこく強要して金や物をもらう意がより強い。「しつこく申し出て、相当の金品をせびり取った」

もが・る【強請る/虎落る】

[動ラ四]
異議を申し立てる。逆らう。
「いとたつ事を―・りければ」〈大和・附・二〉
言いがかりをつけて金品をねだる。ゆする。たかる。
「七十に成る浄閑が―・られたといふ外聞悪さ」〈浄・寿の門松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねだる【強請る】

( 動五[四] )
相手の愛情や好意に甘えて、無理にたのむ。せがむ。 「チップを-・る」 「親に-・って車を買ってもらう」 「お菓子を-・る」
無理を言って金品を要求する。また、ゆする。 「そちが拾うて手形を書いて判を据ゑ、おれを-・つて銀取らうとは/浄瑠璃・曽根崎心中」
文句や不平をいう。 「此様に先の相手になつて-・り込ましやつたも/浄瑠璃・双蝶蝶」 → せがむ(補説欄)
( 動下二 )

ゆする【強請る】

( 動五[四] )
〔「揺する」と同源〕
おどしたり、弱みにつけこんだりして金品を取り上げたり、自分に従わせたりする。 「悪い連中に金を-・られる」 「ああ-・つたとていふ事をいふまいか/浄瑠璃・双蝶蝶」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強請るの関連キーワード曽根崎心中揺する浄瑠璃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android