愛憐(読み)アイレン

デジタル大辞泉の解説

あい‐れん【愛×憐】

[名](スル)哀れみ、いつくしむこと。
「互に―する男女の間にても」〈鉄腸・花間鶯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいれん【愛憐】

( 名 ) スル
いつくしみ、あわれむこと。 「能く老を-し、幼を扶助する仁恵じんえあり/緑簑談 南翠」 「互に-する男女の間にても/花間鶯 鉄腸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐れん【愛憐】

〘名〙 いつくしみ、あわれむこと。かわいがること。また、他をあわれみ愛する、情け深い心のさま。→哀憐(あいれん)
中華若木詩抄(1520頃)中「摠じて可と、詩につくるに、心二つあり。一には愛憐とて、可愛と云心にも用る也。一には哀憐の心もあり」
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「情欲多けれども、愛憐(アイレン)といふ情合ほど重なるものはあらざればなり」 〔戦国策‐趙策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛憐の関連情報