コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田[市] なりた

2件 の用語解説(成田[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

成田[市]【なりた】

千葉県北部の市。1954年市制。下総(しもうさ)台地北部と利根川南岸の低地を占め,北境を利根川が東流し,西境に印旛(いんば)沼がある。中心市街は中世以来成田山新勝寺の門前町として発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なりた【成田[市]】

千葉県北部の市。1954年成田町,豊住村ほか5村が合体,市制。人口9万1470(1995)。市域は両総台地に広がり,西端に印旛(いんば)沼がある。中心地の成田は不動明王を本尊とする成田山新勝寺の門前町で,近世中期から不動尊信仰が江戸を中心に広まった。1897年成田鉄道(現,JR成田線)が,1926年には京成電鉄が開通し,参詣客が多くなったが,近年は東関東自動車道が通じるなど自動車交通が発達したため日帰り客がほとんどとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

成田[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone