成田[市](読み)なりた

百科事典マイペディアの解説

成田[市]【なりた】

千葉県北部の市。1954年市制下総(しもうさ)台地北部と利根川南岸の低地を占め,北境を利根川が東流し,西境印旛(いんば)沼がある。中心市街は中世以来成田山新勝寺門前町として発達。1897年成田線,1926年京成電鉄本線が通じ,さらに発展したが周辺は農村地帯であった。1978年東部の三里塚に日本の空の玄関新東京国際空港(現,成田国際空港)が開港して市は大きく変化した。西部の成田ニュータウンなどの大型団地や,諸産業の進出が急激に増加し,1983年には東関東自動車道が市川まで開通,2015年には大栄JCTまで圏央道も延伸。農業も耕地面積が集約されて急速に都市近郊型に変化している。佐倉惣五郎をまつる宗吾霊堂は桜の名所。2006年3月香取郡大栄町,下総町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。213.84km2。12万8933人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なりた【成田[市]】

千葉県北部の市。1954年成田町,豊住村ほか5村が合体,市制。人口9万1470(1995)。市域両総台地に広がり,西端印旛(いんば)沼がある。中心地の成田は不動明王本尊とする成田山新勝寺の門前町で,近世中期から不動尊信仰が江戸を中心に広まった。1897年成田鉄道(現,JR成田線)が,1926年には京成電鉄が開通し,参詣客が多くなったが,近年は東関東自動車道が通じるなど自動車交通が発達したため日帰り客がほとんどとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android