手前勝手(読み)てまえがって

精選版 日本国語大辞典「手前勝手」の解説

てまえ‐がって てまへ‥【手前勝手】

〘名〙 (形動) 自分の都合だけを考えること。また、そのさま。自分勝手
※評判記・役者略請状(1701)江戸「色の道に目の見へぬ若人共が、手前勝手(テマヘガッテ)成物語を聞て思ひ合すに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手前勝手」の解説

てまえ‐がって〔てまへ‐〕【手前勝手】

[名・形動]自分の都合のよいようにばかり考えたり行動したりすること。また、そのさま。自分勝手。「そんな手前勝手な意見は通らない」
[類語]勝手わがまま好き自分勝手身勝手得手勝手好き勝手気随気任せほしいまま奔放自由気まま自由自在縦横縦横無尽意のまま思いのまま思い通り自在随意任意ランダム無作為恣意存分ぞんぶん不羈ふきフリーフリーダムリバティー人を人とも思わない眼中人無し聞く耳を持たない横紙破りふんぞり返る自己中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android