任意(読み)にんい

精選版 日本国語大辞典「任意」の解説

にん‐い【任意】

〘名〙 (形動) 心のままにまかせること。思いのままにするさま。こころまかせ。随意
延喜式(927)一八「礼儀進退放逸任意。衣冠束体参差不正者。撿考之日惣加糺正
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「任意之を敵中に発射する」 〔何‐春秋公羊伝序〕
[補注]数学では、「すべての」の意味で「任意の」と使うことが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「任意」の解説

にん‐い【任意】

[名・形動]思いのままにまかせること。その人の自由意志にまかせること。また、そのさま。「任意に選ぶ」「任意な(の)行動」「任意の点AとBを結ぶ線」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android