コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝手 カッテ

2件 の用語解説(勝手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かっ‐て【勝手】

[名・形動]
他人のことはかまわないで、自分だけに都合がよいように振る舞うこと。また、そのさま。「そんな勝手は許さない」「勝手なことを言うな」「勝手に使っては困る」「勝手にしろ」
何かするときの物事のぐあいのよしあし。都合や便利のよいこと。また、そのさま。「この間取りではどうも勝手が悪い」「使い勝手(がって)がいい」
「何坊さんも早く寝た方が―だあね」〈漱石・彼岸過迄〉
[名]
台所。「勝手仕事」
暮らし向き。生計。「勝手が苦しい」
自分がかかわる物事のようす・事情。「仕事の勝手がわからない」「勝手が違う」「勝手知ったる他人の家」
弓の弦を引くほうの手。右手。左手より力が勝ちやすいからいう。引き手。
[用法]かって・きまま――「団体生活では、勝手な(気ままな)行動は許されない」など、自分の思い通りに振る舞う意では、相通じて用いられる。◇「勝手」は自分だけの都合や判断で行動する意が中心で、「勝手に僕の部屋に入らないでくれ」「勝手ながら休ませていただきます」などでは「気まま」に置き換えられない。◇「気まま」は、「気ままに旅行する」「一人暮らしの気ままさ」のように、他人には迷惑をかけないで、自由に振る舞う意があり、この場合は「勝手」に置き換えられない。◇類似の語に「わがまま」がある。「わがまま」は個々の行動ではなく、態度や性格全体についていう。「一人娘でわがままに育ってしまった」「わがままな振る舞い」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かって【勝手】

( 名 )
台所。 「 -道具」
様子。事情。 「 -がわからずまごつく」 「 -が違う」 「 -知ったる他人の家」
便利。便宜。 「 -の悪い家」 「使い-がってがよい」
生計。家計。暮らし向き。 「 -が苦しい」
弓を射る時、弦を引く方の手。右手。 ↔ おし手 〔日葡〕
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
自分に都合のよいように振る舞う・こと(さま)。わがまま。 「 -なことを言う」 「 -に他人の物を使う」 「 -は許さない」 〔「勝手にすれば」 「勝手にしなさい」などの形で、自分にばかり都合のよい振る舞いをする相手に対して、かかわり合いを持ちたくないという気持ちを表す。「帰りたければ-にしろ」〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝手の関連キーワード赤の他人好い気得手勝手紺屋の白袴下袴他人行儀傍迷惑利己

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝手の関連情報