手車・輦・輦車(読み)てぐるま

大辞林 第三版の解説

てぐるま【手車・輦・輦車】

手で押したり引いたりして動かす小形の車。
土砂などを運ぶ二本の柄のついた小形の一輪車。猫車ねこぐるま
自家用の人力車。 「和らかひ衣類きものきて-に乗りあるく時は/十三夜 一葉
二人が向かい合って両腕を組み合わせ、その上に人を乗せて運ぶこと。 「二人の-に乗つて帰らうと思ふが/狂言・鈍太郎」
近世の玩具の一。菊花や井戸車の形の車に糸をつけた、ヨーヨーのようなもの。
(多く「輦」「輦車」と書く)屋形に車を付けて、手で引く乗り物。内裏の中は歩くのが普通であったが、東宮・親王・摂政関白・女御などが、これに乗って入ることを許された。輦輿れんよ。れんしゃ。
[句項目] 手車に乗せる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐ぐるま【手車・輦・輦車】

[1] 〘名〙
① 輦(れん)に車をつけ、肩でかつがずに車で運行する乗り物。特に手車の宣旨を受けた皇太子または親王・内親王・女御・大臣などが乗用するもの。れんしゃ。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※貞享版沙石集(1283)八「白く清げなる法師を手輿(テグルマ)にかきて」
② 二人が向かいあって、それぞれの両手を組み合わせ、その上に他の一人が乗れるようにしたもの。また、そのようにして歩き回る遊戯。おてぐるま。
※雑談集(1305)二「いざ、この仏、河むかへへ具して行て供養せんとて、手車(テクルマ)にのせて、山河の早く深をわたりけるか」
③ 自家用の人力車。
※十三夜(1895)〈樋口一葉〉上「和らかひ衣服きて手車(テグルマ)に乗りあるく時は立派らしくも見えませうけれど」
④ 人の手で押したり引いたりして動かす小形の車。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉五「手車と箒とを持ち街衢を掃除して」
⑤ 土砂などを運ぶのに用いる、箱に二本の柄のついた手押しの一輪車。
⑥ 近世以降の、玩具の一種。土や木で小さく井戸車の形に作り、その車に糸を巻きつけておき、その糸の端をひくと車が回り、反動を利用すれば、再び糸は車に巻きつく。お蝶殿の輦(てぐるま)と称し、享保(一七一六‐三六)の初め頃から売られた。後のヨーヨーと同じ。
※俳諧・毛吹草(1638)五「手車となるや折取風車〈宗房〉」
⑦ 「てぐるま(手車)に乗せる」こと。
[2] 狂言の曲名。狂言「鈍太郎(どんたろう)」の狂言記での名称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報