コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手車/輦/輦車 テグルマ

2件 の用語解説(手車/輦/輦車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

て‐ぐるま【手車/×輦/輦車】

人の手で押し、または引く小形の車。物を運ぶのに使う。
土砂などを運ぶ、2本の柄のついた手押しの一輪車。
自家用の人力車。
「―へ乗って、立派な玄関のある家をこしらえるに相違ない」〈漱石坊っちゃん
子供の遊戯の一。二人が両手を差し違えに組み合わせ、その上に別の一人を乗せて歩く。
屋形に車輪をつけた車で、前後に突き出ている轅(ながえ)を人の手で引くもの。これに乗って内裏に出入りするには、輦の宣旨による勅許が必要であった。輦車(れんしゃ)。
近世以降のおもちゃの一。土・木などで小さな井戸車の形に作り、糸を結びつけて上げ下げするもの。現在のヨーヨーに似る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんぐるま【手車】

てぐるま(手車) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手車/輦/輦車の言及

【ヨーヨー】より

…日本でも同じころに中国から伝わり,長崎から流行し,享保年間(1716‐36)初期には京坂で売られ,やがて江戸でも流行した。1727年刊の《目付絵》には,当時の流行玩具のひとつとして〈お蝶殿の手車〉の名があげられており,また1798年(寛政10)刊の《近世畸人伝》には〈享保のはじめ,京に手車(てぐるま)といふものをうる翁あり〉とあり,〈手車〉の名でよばれていたことがわかる。これは胡粉彩色をした土製菊形のものを二つ合わせたもので,鈴木春信の浮世絵にも遊女がこれをもてあそんでいる図がある。…

※「手車/輦/輦車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手車/輦/輦車の関連キーワード押し倒し渡し込み手押し手押しポンプ判で押したよう枡形本小形判子で押したよう引き手

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone