コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振る フル

デジタル大辞泉の解説

ふ・る【振る】

[動ラ五(四)]
からだの一部を、また物の一方の端をもって上下・左右・前後に何度も繰り返すようにして動かす。「ハンカチを―・る」「腕を―・って歩く」「犬がしっぽを―・る」
手を動かして握ったものを下方に投げる。また、勢いをつけて振りまく。「さいころを―・る」「塩を―・る」
割り当てる。仕事や役割を与える。「大役を―・られる」
文字のわきに記号・読みがななどをつける。「ルビを―・る」
相手の求めを退ける。はねつけて相手にしない。「女に―・られる」
得た地位・立場などをあっさり捨てる。また、しようとする意志を捨てる。むだにする。「重役の地位を―・る」「一生を棒に―・る」
動かして方向を少しずらせる。進む向きをある方向に変える。「舵を右に―・る」
勢いよく担ぎ動かす。「みこしを―・る」
本題に入るきっかけとして話す。話を導き出そうとする。「落語家がまくらを―・る」「司会者が話題を―・る」
10 為替・手形などを発行する。「為替を―・る」
11 神体を移す。
「三笠山に―・り奉りて、春日明神と名づけ奉りて」〈大鏡・道長上〉
12 入れかえる。置きかえる。
「行く春は行く歳にも―・るべしといへり」〈去来抄・先師評〉
[可能]ふれる
[下接句]命を棒に振る尾を振る大手(おおで)を振る顔を振る頭(かしら)を縦に振る頭(かしら)を横に振る頭(かぶり)を振る首を縦に振る首を横に振る采配(さいはい)を振る先棒を振る尻尾(しっぽ)を振る身代を棒に振る無い袖(そで)は振られぬ棒に振る脇目(わきめ)も振らず

ぶ・る【振る】

[動ラ五(四)]の接尾語が独立の動詞として用いられるようになったもの》えらそうに見せる。もったいぶる。気どる。「―・った態度」「―・って言うのじゃないが」
[接尾]《動詞五(四)段型活用》名詞や形容詞語幹などに付いて、そのようにふるまう、それらしいようすをする、などの意を表す。「学者―・る」「先輩―・る」「えら―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふる【振る】

( 動五[四] )
物の一端を持ったり固定したりして、前後左右または上下に何度か往復させるように動かす。 「旗を-・る」 「バットを-・る」 「尾を-・る」
頭・首などの全体を前後左右に動かす。 「首を縦に-・る」 「首を横に-・る」
動かして別の方向に向ける。また、基準または正規の向きからずらす。 「機首を少し右に-・る」 「入り口を東に-・る」
手などを動かして、物をまく。散らす。 「塩を-・る」 「さいころを-・る」
手にしていたもの、手に入るはずのものを失う。捨てる。 「昇進を-・って好きな道にすすむ」
拒絶する。はねつける。特に、異性の求愛をこばむ。 「好きな子に-・られる」
割り当てる。 「大役を-・る」
話題の方向を相手に向ける。 「いきなり私に-・られても困る」
文字のわきに、読み仮名などをつける。 「仮名を-・る」
入れ替える。振り替える。 「行く春は行く歳にも-・るべし/去来抄」
神や霊魂・精神をゆり動かして活力を呼びさます。 「ますらをの心-・りおこし/万葉集 478
神輿みこしや神座をかつぐ。 「今度神輿内裏へ-・り奉る/平家 2
神を鎮座させる。 「大和国三笠山に-・り奉りて/大鏡 藤氏物語
[可能] ふれる
[慣用] 大手を- ・采配を- ・尻尾しつぽを- ・棒に- / 脇目も振らず

ぶる【振る】

( 動五[四] )
〔接尾語「ぶる」が独立の動詞として用いられるようになったもの〕
俗に、えらそうに振る舞う。きどる。もったいぶる。 「 - ・った奴」 「彼は-・るから嫌だ」

ぶる【振る】

( 接尾 )
〔動詞五[四]段型活用〕
名詞や形容詞・形容動詞の語幹などに付いて、いかにもそれらしい様子をする、そのように振る舞うなどの意を表す。 「学者-・る」 「気持ちがたか-・る」 「利口-・って嫌な奴」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

振るの関連キーワードupper swinglevel swingチェッカーフラッグヘッドバンギング打ち振る・打振る鈴を転がすよう気を取り直すフルスイングテークバックウエーデルンウェーデルン先棒に立つ采柄を握る振く・揮くモーションシェーカー尻尾を振る袖の羽風奴を振るシェーク

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

振るの関連情報