コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線分解 ホウシャセンブンカイ

2件 の用語解説(放射線分解の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせん‐ぶんかい〔ハウシヤセン‐〕【放射線分解】

放射線の影響により物質中の分子が分解すること。γ(ガンマ)線の照射により水が水素過酸化水素を生成するなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんぶんかい【放射線分解 radiolysis】

物質に放射線が照射されると,放射線のエネルギーが物質に吸収され,その結果イオン励起状態ラジカルなどが生成する。これらの化学種は反応性に富み,物質系の化学結合の切断や組換えをひき起こし,化学反応を誘起する。放射線照射後,活性種の生成から化学反応に至る一連の過程において,化学結合の切断や組換えなどに至る過程を,化合物の分解という面を強調して放射線分解と呼ぶが,放射線分解の結果ひき起こされる放射線化学反応との区分を明確にすることは困難であり,放射線化学反応を含めた広い意味で使われることも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

放射線分解の関連キーワード放射線化学ラド食品照射放射線療法線量放射線量放射線殺菌放射線殺虫放射線照射残留放射線

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射線分解の関連情報