放射線分解(読み)ホウシャセンブンカイ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんぶんかい【放射線分解 radiolysis】

物質に放射線が照射されると,放射線のエネルギーが物質に吸収され,その結果イオンや励起状態,ラジカルなどが生成する。これらの化学種は反応性に富み,物質系の化学結合切断組換えをひき起こし,化学反応を誘起する。放射線照射後,活性種の生成から化学反応に至る一連の過程において,化学結合の切断や組換えなどに至る過程を,化合物の分解という面を強調して放射線分解と呼ぶが,放射線分解の結果ひき起こされる放射線化学反応との区分を明確にすることは困難であり,放射線化学反応を含めた広い意味で使われることも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうしゃせん‐ぶんかい ハウシャ‥【放射線分解】

〘名〙 放射線の働きで引き起こされる化合物の分解。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android