コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線分解 ホウシャセンブンカイ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんぶんかい【放射線分解 radiolysis】

物質に放射線が照射されると,放射線のエネルギーが物質に吸収され,その結果イオンや励起状態,ラジカルなどが生成する。これらの化学種は反応性に富み,物質系の化学結合切断組換えをひき起こし,化学反応を誘起する。放射線照射後,活性種の生成から化学反応に至る一連の過程において,化学結合の切断や組換えなどに至る過程を,化合物の分解という面を強調して放射線分解と呼ぶが,放射線分解の結果ひき起こされる放射線化学反応との区分を明確にすることは困難であり,放射線化学反応を含めた広い意味で使われることも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

放射線分解の関連キーワード高レベル放射性廃液

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線分解の関連情報