コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新世界ザル しんせかいザルPlatyrrhini; New World monkey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新世界ザル
しんせかいザル
Platyrrhini; New World monkey

霊長目真猿亜目オマキザル上科オマキザル科,キヌザル科 (マーモセット) に属するサルの総称。すべて南アメリカ中央アメリカに産する。アジアアフリカに産する旧世界ザル (オナガザル上科オナガザル科のサルの総称) に比べ,鼻隔の幅が広く,左右の鼻孔が離れているので広鼻猿ともいう。また骨性の外聴道がなく,頬袋も尻だこもない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせかいざる【新世界ザル New‐World monkeys】

霊長目オマキザル上科Ceboideaに属するサルの総称。鼻の穴の間隔が広いために広鼻猿類Platyrrhiniとも呼ばれる。南アメリカを中心に中央アメリカ,熱帯メキシコまで分布するので新世界ザルの名がある。始新世の後期から中新世の初期にかけて,北アメリカの第三紀原猿類から分岐し,南アメリカにおいて適応放散したと考えられる。つまり,新世界ザルはかなり古い時期に世界ザルの系統とは離れて独自の進化を遂げてきたといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新世界ザル
しんせかいざる
New World monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目真猿亜目オマキザル上科に属する動物の総称。現代および地質時代を通じて、分布が中央・南アメリカに限られることがその名の由来である。この上科Ceboideaに属するサルは、一般に鼻孔の間隔が広いので広鼻猿類Platyrhimiともいう。現生のものは、マーモセット科Callithricidaeおよびオマキザル科Cebidaeに二分される。ただし、前者のなかからゲルディモンキーを独立させて、ゲルディ科Callimiconidaeを設ける場合もある。[西邨顕達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の新世界ザルの言及

【旧世界ザル】より

…前者にはマカック類,マンガベイ類,ヒヒ類,グエノン類などが,後者にはコロブスモンキー類,ラングール類などが含まれる。旧世界ザルは新世界ザル,ヒト上科とともに真猿類を構成する一つの柱である。新世界ザルは,両鼻孔の間の幅が広く,広鼻類Platyrrhiniと呼ばれるのに対し,旧世界ザルおよびヒト上科の種は両鼻孔間の幅が狭いので狭鼻類Catarrhiniと呼ばれる。…

【ゲルディモンキー】より

…新世界ザルは霊長目キヌザル科とオマキザル科の二つのグループに分けられるが,ゲルディモンキーはキヌザル科に入れられたり,オマキザル科に入れられたり,また最近では独立の科とみなされるなどさまざまな扱いを受けてきた(イラスト)。頭胴長20cm。…

【サル(猿)】より

…サルの祖先は原始的な夜行性の哺乳類から派生し,それがしだいに樹上の生活に適応していく過程でサルらしさを獲得したと考えられる。原猿類の多くと新世界ザルのすべては完全な樹上生活者である。旧世界ザルのコロブス亜科も樹上生活者であるが,オナガザル亜科の種は地上をも利用するものが多い。…

※「新世界ザル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新世界ザルの関連情報