コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新山古墳 しんやまこふん

3件 の用語解説(新山古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新山古墳
しんやまこふん

奈良県北葛城郡広陵町大塚にある古墳。全長約 125mの前方後方墳。後方部の幅約 65m,前方部の幅約 60m。後方部に竪穴式石室があり,1885年土地の人々が掘出した。鏡,石釧,車輪石,鍬形石,石製模造品が出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんやまこふん【新山古墳】

奈良県北葛城郡広陵町大塚に所在する前方後方墳大和盆地西部に南北に連なる馬見丘陵の南東端が沖積平野と接するところに,南面して築かれる。全長130m,後方部幅65m,前方部幅65mをはかる。墳丘には埴輪が立つ。1885年に後方部があばかれ,一種の竪穴式石室から鏡,玉類,碧玉製腕飾類,筒形石製品,椅子形石製品,碧玉製刀子柄,碧玉製鏃,滑石製斧,燭台形石製品,刀剣,金銅製帯金具などがとりだされた。鏡は34面を数え,出土面数の多さを誇るとともに,直弧文鏡,鼉竜鏡(だりゆうきよう)などの大型仿製鏡(ぼうせいきよう)の優品が少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新山古墳
しんやまこふん

奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡広陵町大塚にある南向きの前方後方墳。後方部北側で円筒埴輪(はにわ)列と溝を検出して、全長126メートル、後方部東西幅67メートル、前方部推定幅66メートルの規模をもつ。1885年(明治18)後方部の竪穴(たてあな)式石室が発掘され、鏡、刀剣、勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)や石製腕飾類、鏃(ぞく)形石製品、帯金具(おびかなぐ)が出土した。金銅製の帯金具は中国の西晋(せいしん)時代の墳墓から出土したものに類似する。副葬されていた34面の銅鏡のなかには直弧文(ちょっこもん)鏡3面が含まれている。また新山古墳の北側墓域内で7基の円筒棺が発見されている。馬見(うまみ)古墳群中の数少ない前期古墳である。[泉森 皎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新山古墳の関連キーワード奈良県北葛城郡広陵町大塚奈良県北葛城郡広陵町大野奈良県北葛城郡広陵町大場奈良県北葛城郡広陵町笠奈良県北葛城郡広陵町百済奈良県北葛城郡広陵町沢奈良県北葛城郡広陵町中奈良県北葛城郡広陵町広瀬奈良県北葛城郡広陵町的場奈良県北葛城郡広陵町南

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone