コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺尚雄 たなべ ひさお

美術人名辞典の解説

田辺尚雄

音楽学者。東京生。東大物理学科卒。田中正平に師事、その影響で音響学の研究から日本音楽・東洋音楽の研究・評論へ向う。昭和12年東洋音楽学会を発足させ、会長となる。『日本音楽史』等著書多数。昭和59年(1984)歿、101才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たなべ‐ひさお〔‐ひさを〕【田辺尚雄】

[1883~1984]音楽学者。東京の生まれ。東洋音楽学会初代会長。武蔵野音大教授。日本および東洋音楽の科学的研究の先駆者で、正倉院楽器調査などに従事。学士院賞受賞。昭和56年(1981)文化功労者著作に「日本音楽史」「東洋音楽史」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺尚雄 たなべ-ひさお

1883-1984 大正-昭和時代の音楽学者。
明治16年8月16日生まれ。正倉院や宮中の楽器を調査。中国,台湾,沖縄などの音楽を実地調査し,朝鮮王朝の宮廷音楽保存に尽力した。昭和4年学士院賞。11年東洋音楽学会を設立し会長。戦後,武蔵野音大教授。56年文化功労者。昭和59年3月5日死去。100歳。東京出身。東京帝大卒。旧姓は本岡。著作に「日本音楽講話」「東洋音楽史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たなべひさお【田辺尚雄】

1883‐1984(明治16‐昭和59)
日本音楽・東洋音楽の研究家。本岡竜雄の次男として東京に生まれ,11歳のとき田辺貞吉の養子となる。東京大学および同大学院で音響学を専攻するかたわら,東京音楽学校選科でバイオリンを学び,また,フランス人ノエル・ペリに和声法作曲法を師事する。1907年に田中正平の邦楽研究所に入り,長唄,うた沢,謡曲,舞踊を習得,14年ごろから薗兼明大原重朝大原重明雅楽や歌披講を学ぶ。それより早く,1908年からは日本および中国の楽律の研究に従事し,以後,正倉院楽器や朝鮮李朝の雅楽,台湾,中国本土各地,沖縄諸島,樺太,太平洋の島々などの音楽を実地に調査した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たなべひさお【田辺尚雄】

1883~1984) 音楽学者。日本・東洋音楽研究の先駆者。東京生まれ。東大物理学科卒。正倉院楽器調査、東洋諸地域の音楽の実地調査に従事。各地の伝統音楽の振興にも貢献。東洋音楽学会初代会長。著「東洋音楽史」「日本音楽概論」「日本の楽器」「音楽音響学」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田辺尚雄
たなべひさお

[生]1883.8.16. 東京
[没]1984.3.5. 東京
音楽学者。日本をはじめ東洋の音楽研究の先駆者。 1907年東京大学物理学科卒業,大学院では音響学を専攻し,音響心理学,生理学をも修めた。一方実技の面でも東京音楽学校選科でバイオリンを,N.ペリから和声学と作曲法を,田中正平邦楽研究所ほかで長唄,謡曲,雅楽の管弦や舞などの日本音楽を習得。調査研究では,21年の朝鮮をはじめとして中国,台湾,南洋群島各地に現地調査を行い,その研究と紹介に努めた。一方 27年には宮城道雄らと成和音楽会を組織し,新日本音楽の発展に尽力。帝国学士院賞受賞 (1929) 。東洋音楽学会会長をはじめ,多数研究団体の会長,顧問として楽界の指導的地位にあった。著書『日本音楽講話』 (19) ,『第一音楽紀行』 (23) ,『東洋音楽論』 (29) ,『近世日本音楽集』 (31) ,『日本俗曲集』 (32) ,『日本音楽概説』 (40) ,『日本音楽史』 (63) ,『三味線音楽史』 (63) ,『日本の楽器』 (64) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田辺尚雄
たなべひさお
(1883―1984)

日本音楽、東洋音楽の研究者。東京生まれ。東京帝国大学および同大学院で物理学、音響学を専攻する一方、東京音楽学校選科ほかでバイオリン、和声法など、さらに1907年(明治40)大学院在学中に田中正平(しょうへい)の邦楽研究所に入り、長唄(ながうた)、舞踊などを修得する。翌年から日本、中国の音律研究に従事し、20年(大正9)以降、正倉院および宮中の楽器調査研究、ならびに朝鮮、中国、台湾などの音楽調査を行う。とくに朝鮮李朝(りちょう)の雅楽存続に関する業績は大きい。東京帝国大学などで教鞭(きょうべん)をとる一方、36年(昭和11)に東洋音楽学会を設立するなど、東洋音楽の研究に大きな足跡を残した。81年(昭和56)文化功労者。著書に『日本音楽講話』『日本音楽史』『田辺尚雄自叙伝』など多数ある。[柴田典子]
『『田辺尚雄自叙伝』正続(1981、82・邦楽社) ▽『日本音楽講話』(講談社学術文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田辺尚雄の言及

【音階】より

…これに対して近世邦楽や民謡などにおける音階または旋法の種類を表す用語としては,〈陰旋(法)〉〈陽旋(法)〉という対語も生まれ,これを〈陰音階〉〈陽音階〉あるいは〈都節音階〉〈田舎節音階〉などという(上原六四郎)場合もある。さらに,田辺尚雄などは,音階と旋法とを区別して,これらの用語を使い分けることもあった。田辺は,陰音階による陰旋法基本形をミファラシド,陽音階による陽旋法基本形をレミソラシとした。…

【十二律】より

…これらの算法では律管の音響学的性質から音律に多少の誤差が生ずる。そこで田辺尚雄は音響学理論に基づく管口補正を行ったうえで十二律の管長を算出し,中村清二は同じく朱載堉の12等分平均律の管長を算出した。しかし中国では歴代尺度の制が異なるので,十二律の絶対音高は時代によって相違する。…

※「田辺尚雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田辺尚雄の関連キーワード宮下 秀冽(1代目)宮下 秀冽(初代)島崎 赤太郎日本音楽概論高野 喜長山川 園松音響心理学成和音楽会平野 健次瑜伽 教如平田 旭舟田辺 尚雄宮下秀冽昭和時代宮城道雄山川園松岸本芳秀吉川英史田辺秀雄林広守

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android