早島(町)(読み)はやしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早島(町)
はやしま

岡山県南部、都窪(つくぼ)郡の町。岡山、倉敷(くらしき)の両市に挟まれている。1896年(明治29)町制施行。北部は低い丘陵、南部は1585年(天正13)の宇喜多(うきた)開墾以降の干拓地。JR宇野線(瀬戸大橋線)、国道2号、山陽自動車道、瀬戸中央自動車道が通じる。かつてはイグサの主産地の一つで、近世には畳表の早島表で知られた。今日も畳表生産者や問屋が多いが、都市化が著しく、イグサの栽培は衰退し、2000年(平成12)に消滅した。岡山市北区との境に大規模な流通センターがある。面積は7.62平方キロメートル、人口1万2154(2015)。[由比浜省吾]
『『早島町史』(1955・早島町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早島(町)の関連情報