早島(町)(読み)はやしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早島(町)
はやしま

岡山県南部、都窪(つくぼ)郡の町。岡山、倉敷(くらしき)の両市に挟まれている。1896年(明治29)町制施行。北部は低い丘陵、南部は1585年(天正13)の宇喜多(うきた)開墾以降の干拓地。JR宇野線(瀬戸大橋線)、国道2号、山陽自動車道、瀬戸中央自動車道が通じる。かつてはイグサの主産地の一つで、近世には畳表の早島表で知られた。今日も畳表生産者や問屋が多いが、都市化が著しく、イグサの栽培は衰退し、2000年(平成12)に消滅した。岡山市北区との境に大規模な流通センターがある。人口1万2214(2010)。[由比浜省吾]
『『早島町史』(1955・早島町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早島(町)の関連情報