コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早島[町] はやしま

2件 の用語解説(早島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

早島[町]【はやしま】

岡山県南部,都窪(つくぼ)郡の町。宇野線が通じる。かつては島であったが,天正年間から干拓が進み,イグサ,綿が栽培された。山陽自動車道と瀬戸中央自動車道の結節点で,大規模な岡山県総合流通センターが建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はやしま【早島[町]】

岡山県南部,都窪(つくぼ)郡の町。人口1万1562(1995)。岡山平野中央部に位置し,東部が岡山市に接するほかは,倉敷市に囲まれる。古くは児島湾に臨んでいたが,天正年間(1573‐92)に宇喜多氏の領地となって干拓が進められた。町内を通る県道は〈宇喜多堤〉とよばれ,当時の堤防の跡である。近世末からは干拓地でイグサ,綿などの商品作物の栽培が始まり,以後,畳表(早島表)や花むしろの製造が盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

早島[町]の関連キーワード岡山平野倉敷井原岡山玉野筑後南紀備前鯉が窪溝手保太郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone