コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早島[町] はやしま

百科事典マイペディアの解説

早島[町]【はやしま】

岡山県南部,都窪(つくぼ)郡の町。宇野線が通じる。かつては島であったが,天正年間から干拓が進み,イグサ,綿が栽培された。山陽自動車道と瀬戸中央自動車道の結節点で,大規模な岡山県総合流通センターが建設された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はやしま【早島[町]】

岡山県南部,都窪(つくぼ)郡の町。人口1万1562(1995)。岡山平野中央部に位置し,東部が岡山市に接するほかは,倉敷市に囲まれる。古くは児島湾に臨んでいたが,天正年間(1573‐92)に宇喜多氏の領地となって干拓が進められた。町内を通る県道は〈宇喜多堤〉とよばれ,当時の堤防の跡である。近世末からは干拓地でイグサ,綿などの商品作物の栽培が始まり,以後,畳表(早島表)や花むしろの製造が盛んになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android