コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通法[ドイツ] ふつうほう[ドイツ]gemeines Recht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通法[ドイツ]
ふつうほう[ドイツ]
gemeines Recht

15~16世紀のローマ法継受以来,ドイツ民法典 BGB施行まで,各地方の慣習や固有法に対して,補充的効力をもつ私法として機能したドイツ全土の共通法。中央集権を欠く当時のドイツの法状態は法の地方分権として現れた。この法状態を是正するため,註釈学派の注釈つきローマ法と教会法が導入され,これが普通法となった。普通法は補充的効力しかもたないものとされたが,裁判実務においては実質上他の法源に優先して適用され,ドイツ私法の形成に大きな影響を与えた。このように継受されたローマ法を中核として発達した普通法は,ドイツ固有法の法典化がプロシア一般ラント法 (1794) を経て,ドイツ民法典 Bürgerliches Gesetzbuch (1900) によって達成されるまで,ドイツ私法を支配していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android