(読み)ショ

  • あつ・る
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

暑いこと。暑い時節。また、その暑さ。「を避ける」 夏》「熱き茶をふくみつつ―に堪へてをり/虚子」⇔
二十四節気小暑大暑の時期。の上で立秋(8月8日ごろ)までの約30日間。また、夏の土用の18日間の称。⇔
[音]ショ(呉)(漢) [訓]あつい
学習漢字]3年
あつい。あつさ。「暑気炎暑寒暑向暑酷暑残暑避暑猛暑
あつい季節。「暑中小暑大暑
[名のり]あつ・なつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ下二〙 暑気が強い。暑さに苦しむ。
※曾丹集(11C初か)「夏衣うすくや人の思ふらん我はあつれて過ぐす月日を」
〘名〙
① 暑いこと。暑さ。《季・夏》
※菅家文草(900頃)一・長斎畢、聊言懐寄諸才子、答頻来「嗟来白日駈輪転、放得炎風避暑吟」
※中華若木詩抄(1520頃)上「西風来て、暑を掃ふて」 〔易経‐繋辞・下〕
② 陰暦での季節の名。夏、立秋までの約三〇日間をいう。一年中で最も暑い時期とされ、前半の一五日を小暑、後半の一五日を大暑とする。また、夏の土用の一八日間の称。暑中。《季・夏》
※万座(1967)〈秋元不死男〉「部屋通すホース赤くて暑を兆す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

暑の関連情報