有り得る(読み)アリウル

デジタル大辞泉「有り得る」の解説

あり・うる【有り得る】

[動ア下二][文]あり・う[ア下二]
起こる可能性がある。当然考えられる。「すでに手遅れということも―・うる」「事故の発生は―・うることだ」
世の中にあることができる。生きていくことができる。
「しましくもひとり―・うるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ」〈・三六〇一〉
[補説]文語「ありう」の連体形「ありうる」が終止形にも用いられ、変則的な下二段活用になっている。
[類語]可能可能性ポシブルポシビリティープロバビリティー将来性蓋然性公算成算心当て望み伸び代予見予知余地予断目算駄目で元元駄目元見込み見通し見当読み見極め当て目当て目安目処めど展望目標予測予想予期目星計算

あり・える【有り得る】

[動ア下一]ありうる(有り得る)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android