有り得る(読み)アリウル

デジタル大辞泉の解説

あり・うる【有り得る】

[動ア下二][文]あり・う[ア下二]
起こる可能性がある。当然考えられる。「すでに手遅れということも―・うる」「事故の発生は―・うることだ」
世の中にあることができる。生きていくことができる。
「しましくもひとり―・うるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ」〈・三六〇一〉
[補説]文語「ありう」の連体形「ありうる」が終止形にも用いられ、変則的な下二段活用になっている。

あり・える【有り得る】

[動ア下一]ありうる(有り得る)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ありうる【有り得る】

( 動下二 ) [文] ア下二 あり・う
存在する可能性が十分ある。あることが考えられる。あって当然である。 「 - ・うるケース」 「そんなことは-・えない」 〔古語の下二段動詞「ありう」が、現代語でも「ありえる」という形にならないで、例外的に下二段活用を保っているもの〕 → うる(得る)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有り得るの関連情報