有り得る(読み)アリウル

デジタル大辞泉「有り得る」の解説

あり・うる【有り得る】

[動ア下二][文]あり・う[ア下二]
起こる可能性がある。当然考えられる。「すでに手遅れということも―・うる」「事故の発生は―・うることだ」
の中にあることができる。生きていくことができる。
「しましくもひとり―・うるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ」〈・三六〇一〉
[補説]文語「ありう」の連体形「ありうる」が終止形にも用いられ、変則的な下二段活用になっている。

あり・える【有り得る】

[動ア下一]ありうる(有り得る)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android