可能(読み)かのう

精選版 日本国語大辞典 「可能」の意味・読み・例文・類語

か‐のう【可能】

〘名〙 (形動) ある物事が実現できること。または、実際にありうること。また、その状態
※それから(1909)〈夏目漱石〉四「死が可能(カノウ)であるならば、それは発作の絶高頂に達した一瞬にあるだらう」
[補注](1)「あたふべき」に当てた漢字「可能」の音読みから生じた明治期の新漢語。
(2)「哲学字彙」では「Virtual」に「可能」の訳を当てている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「可能」の意味・読み・例文・類語

か‐のう【可能】

[名・形動]《「あたき」の音読
ある物事ができる見込みがあること。ありうること。また、そのさま。「現在可能方法は限られている」「実現可能な(の)計画
文法で、そうすることができるということを表す言い方。動詞未然形に、文語では助動詞」「らる」(古くは「」「らゆ」)、口語では助動詞「れる」「られる」などを付けて言い表す。
[類語]可能性有りポシブルポシビリティープロバビリティー将来性蓋然性公算成算心当て望み伸び代予見予知余地予断目算駄目で元元駄目元見込み見通し見当読み見極め当て目当て目安目処めど展望目標予測予想予期目星計算

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「可能」の読み・字形・画数・意味

【可能】かのう

耐える。

字通「可」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android