コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当て/宛 アテ

デジタル大辞泉の解説

あて【当て/宛】

[名]
行動の目当て。目標。目的。「―もなくうろつく」
将来に対する見通し。先行きの見込み。「借金を返す―がない」
心の中で期待している物事。頼り。「父からの援助は―にできない」
借金のかた。抵当。
「此指環…を―に少し貸して頂戴な」〈魯庵社会百面相
(他の語の下に付いて)
㋐保護するためにあてがうもの。「ひじ―」「すね―」
㋑ぶつけあうこと。「鞘(さや)―」
[接尾](宛)名詞・代名詞に付く。
配分する数量・割合を表す。あたり。「ひとり―二個」
送り先・差し出し先を示す。「下宿―に荷物を送る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

当て/宛の関連キーワード一夜干し・一夜干バッスルスタイル天鵞絨・天鵝絨バンクショットタニングルーム顎が食い違う衝動タービンイヤパッドウラニウムシャレード一山当てる素矢を食う枕カバー地下足袋愛新覚羅ボナンザヨーシン日光療法当て付け期待感

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android