コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当て/宛 アテ

デジタル大辞泉の解説

あて【当て/宛】

[名]
行動の目当て。目標。目的。「―もなくうろつく」
将来に対する見通し。先行きの見込み。「借金を返す―がない」
心の中で期待している物事。頼り。「父からの援助は―にできない」
借金のかた。抵当。
「此指環…を―に少し貸して頂戴な」〈魯庵社会百面相
(他の語の下に付いて)
㋐保護するためにあてがうもの。「ひじ―」「すね―」
㋑ぶつけあうこと。「鞘(さや)―」
[接尾](宛)名詞・代名詞に付く。
配分する数量・割合を表す。あたり。「ひとり―二個」
送り先・差し出し先を示す。「下宿―に荷物を送る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

当て/宛の関連キーワードコンビネーションショット酢につけ粉につけ落とし矢・落し矢タニングルームバンクショット読み取り装置衝動タービン紺屋の明後日顎が食い違うラマン効果イヤパッド一山当てるシャレード素矢を食うペタンク日光療法当て付け当てっこ枕カバーバッスル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android