コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有峰ダム ありみねダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有峰ダム
ありみねダム

富山県南東部,常願寺川支流和田川上流の大山町にあるダム。重力式コンクリートダム (→重力ダム ) で,高さ 140m,堤長 500m,有効貯水量約2億m3。ダムの完成前は薬師岳山麓の盆地で,戸数 12~13戸の山村であったが,1921年富山県は水力発電所を設けるため,村全域を買収,有峰盆地の出口にダムを設ける工事を進めた。 43年一時中止。第2次世界大戦北陸電力により工事が再開され,59年に完成。和田川第1,第2発電所により最大出力約 15万 kWの発電を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

有峰ダム【ありみねダム】

富山県南東部,常願寺川の支流和田川上流の発電用ダム。1959年完成。重力ダムで,堤高140m,有効貯水量2億400万m3。和田川第1・第2ほか3発電所の最大出力合計は29万9000kW。
→関連項目大山[町]富山[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

有峰ダム

富山県富山市の常願寺川水系和田川に位置する発電用のダム。1960年竣工の重力式コンクリートダムで、総貯水量は222,000,000立方メートル

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有峰ダム
ありみねだむ

富山県富山市有峰にあるダム。常願寺(じょうがんじ)川の支流和田川の上流にあり、高さ140メートル、堤長500メートル、有効貯水量2億6500万立方メートルの大ダム。このダムにより面積5.1平方キロメートルの有峰湖ができた。1959年(昭和34)北陸電力が建設。これにより6発電所26.7万キロワットと、下流の既設7発電所の出力が増加した。1980年にはさらにこの水を利用して3発電所計40万キロワットが増設された。ダムサイトの猪根平(いねだいら)に有峰記念館、有峰ハウスがあり、有峰湖畔にはキャンプ場がある。有峰湖周辺の県立自然公園地域は、夏秋の観光休養地、薬師岳登山の基地。夏期には富山地方鉄道立山(たてやま)線有峰口駅からバスの便がある。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の有峰ダムの言及

【常願寺川】より

… 一方,急流であることから電源開発もすすんでおり,常願寺川水系には8ダム,27発電所が設けられ,最大出力の総計は81万2500kW(1997)に及ぶ。とくに支流和田川上流の開発は大規模で,37年富山県電気局が着手,第2次世界大戦による中断ののち55年北陸電力が再開し,59年堤高140mの有峰(ありみね)ダムが完成,堪水面積5km2の有峰湖が生まれた。常願寺川の雪どけ水は下流扇状地の農業用水源として重要であるが,かつては両岸につくられた小用水は出水ごとに決壊し,また渇水に悩まされる状況を繰り返した。…

※「有峰ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone