コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉教景(2) あさくら のりかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉教景(2) あさくら-のりかげ

1474-1555 戦国時代の武将。
文明6年生まれ。朝倉孝景(たかかげ)(英林宗雄)の8男。宗家の朝倉貞景(さだかげ),孝景,義景(よしかげ)3代の後見をつとめ,各地を転戦。越前,加賀の一向一揆(いっき)を鎮圧した。談話を筆録させた「朝倉宗滴話記」がある。天文(てんぶん)24年9月8日死去。82歳。通称は太郎左衛門尉。法名は照葉宗滴。
【格言など】巧者の大将と申は,一度大事の後(おくれ)に合たるを申す可く候(家訓)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝倉教景(2)の関連キーワードパウルス4世弘治足利義尚ベルメホイサベル(1世)フィチーノフェルナンド(5世)朝倉宗滴聖ウルリヒ#amp;アフラ教会加賀一向一揆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android