本荘平野(読み)ほんじょうへいや

  • ほんじょうへいや〔ホンジヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田県南西部,子吉川下流部の平野海岸には新第三紀の丘陵上に砂丘発達。江戸時代に植林された防風・防砂林中に果樹園畑地が分布する。内側沖積平野は水田単作地帯で,良質の本荘米を産する。秋田県の米作先進地域といわれ,土地改良,耕地整理が進んでいる。子吉川沿いには畑地が多く,自然堤防の上には集落が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

秋田県南西部,子吉川下流の平野。石脇~西目間の海岸砂丘内側の潟湖が,子吉川や支流鮎川,石沢川,芋川などの運んだ土砂などによって埋積・形成された。西寄りの三角州低地と,それに続く扇状地性低地を主とし,海岸砂丘と若干の台地を含む。南部は鳥海火山の新期安山岩山麓地帯とその前面の低位洪積台地であり,安山岩の一部は本荘市街地南部の低丘陵として北にのびる。東部と北部は,新第三系泥岩・砂岩シルト岩互層からなる笹森丘陵に限られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田県南西部、子吉川(こよし)下流の日本海沿いに展開する平野。北と東は笹森(ささもり)丘陵、南は鳥海(ちょうかい)山の山地によって境される。第三紀丘陵を基盤とし、その上に堆積(たいせき)した砂丘地帯で形成された海岸平野で、海岸には江戸時代に植林された防砂林の松林が続き、その内側には果樹園、畑地が開けている。南西部の由利本荘(ほんじょう)市西目町内の砂丘帯は第二次世界大戦後、入植による開田が進んだ所。内側の沖積地は水田化され、良質の本荘米を産し、県の米作の先進地である。子吉川筋は畑地が多く、自然堤防上に集落が立地している。

[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android