コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘平野 ほんじょうへいや

5件 の用語解説(本荘平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本荘平野
ほんじょうへいや

秋田県南西部,子吉川下流部の平野。海岸には新第三紀の丘陵上に砂丘が発達。江戸時代に植林された防風・防砂林中に果樹園,畑地が分布する。内側の沖積平野は水田単作地帯で,良質の本荘米を産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんじょう‐へいや〔ホンジヤウ‐〕【本荘平野】

秋田県南西部、子吉川の下流域に広がる平野。北と東は笹森丘陵、南は鳥海山の山地によって境される。中心は由利本荘市

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじょうへいや【本荘平野】

秋田県南西部,子吉川下流の平野。石脇~西目間の海岸砂丘内側の潟湖が,子吉川や支流の鮎川,石沢川,芋川などの運んだ土砂などによって埋積・形成された。西寄りの三角州低地と,それに続く扇状地性低地を主とし,海岸砂丘と若干の台地を含む。南部は鳥海火山の新期安山岩山麓地帯とその前面の低位洪積台地であり,安山岩の一部は本荘市街地南部の低丘陵として北にのびる。東部と北部は,新第三系泥岩・砂岩シルト岩互層からなる笹森丘陵に限られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕本荘平野(ほんじょうへいや)


秋田県南西部、子吉(こよし)川下流域に広がる平野。西は日本海に面し、北と東は笹森(ささもり)丘陵、南は鳥海(ちょうかい)山に限られる。海岸砂丘とその内側の沖積(ちゅうせき)地からなる。良質で知られる本荘米の産地。子吉川流域では稲作のほか畑作、砂丘内側は果樹・野菜栽培が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本荘平野
ほんじょうへいや

秋田県南西部、子吉(こよし)川下流の日本海沿いに展開する平野。北と東は笹森(ささもり)丘陵、南は鳥海(ちょうかい)山の山地によって境される。第三紀丘陵を基盤とし、その上に堆積(たいせき)した砂丘地帯で形成された海岸平野で、海岸には江戸時代に植林された防砂林の松林が続き、その内側には果樹園、畑地が開けている。南西部の由利本荘(ほんじょう)市西目町内の砂丘帯は第二次世界大戦後、入植による開田が進んだ所。内側の沖積地は水田化され、良質の本荘米を産し、県の米作の先進地である。子吉川筋は畑地が多く、自然堤防上に集落が立地している。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本荘平野の関連キーワード高知平野子吉川秋田由利本荘秋田県由利本荘市石脇秋田県南秋田郡五城目町大川下樋口秋田県南秋田郡大潟村西本荘〈市〉矢島〈町〉由利〈町〉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone