コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村君/漁父/漁翁 ムラギミ

3件 の用語解説(村君/漁父/漁翁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むら‐ぎみ【村君/漁父/漁翁】

漁民の長。
「岩の根にかたおもむきに並み浮きてあはびをかづく海人の―」〈山家集・下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むらぎみ【村君】

日本中世における漁民の長の称号。《和名類聚抄》が〈漁翁〉を〈むらきみ〉と訓ずるところから,村君はまず老練な長老的漁民を意味していたと推定される。そして,中世若狭国の漁村史料には〈大網むらきみ職〉〈本あみのむらきみ〉などの職名が見え,《宇津保物語》に〈むらぎみ召して大網曳かせ〉という一節があることから,村君がとくに網漁を指揮する存在であったことがわかる。村君という名まえの由来や,彼らが網漁とかかわって現れることの理由を詳しく知ることはできないが,おそらく大網が中世漁業における最も協業的な漁法であったこととなんらかの関係があったのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村君
むらぎみ

漁村における漁業上の指導者のことで、『播磨国風土記(はりまのくにふどき)』などの古い文献にもみえることば。ムラギメ、ムラギン、ムラガミなどともいわれ、現在、主として瀬戸内海から九州地方に残り伝えられている。村君といえば一般に、漁業における網主・親方などの経営主、または漁夫長・漁労長などの沖合いでの作業上の指揮者をさす。しかし、江戸時代に伊豆の内浦(現沼津市)での村君は村の大網漁の経営主であるとともに村を支配する名主を務めた事実や、長崎県の福江島で村君が区長のような村の役職をさしている例からみると、元来は漁業だけではなく、村落生活全般において指導的地位にあった者、つまり村の長(おさ)のことをさしたものらしい。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村君/漁父/漁翁の関連キーワード王位戦宮号漁民神宮尊号得業大和名僭号梟帥和名抄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone