村君(読み)ムラギミ

  • 村君/漁=父/漁=翁

世界大百科事典 第2版の解説

日本中世における漁民の長の称号。《和名類聚抄》が〈漁翁〉を〈むらきみ〉とずるところから,村はまず老練な長老的漁民を意味していたと推定される。そして,中世若狭国の漁村史料には〈大網むらきみ職〉〈本あみのむらきみ〉などの職名が見え,《宇津保物語》に〈むらぎみ召して大網曳かせ〉という一節があることから,村君がとくに網漁を指揮する存在であったことがわかる。村君という名まえの由来や,彼らが網漁とかかわって現れることの理由を詳しく知ることはできないが,おそらく大網が中世漁業における最も協業的な漁法であったこととなんらかの関係があったのであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁村における漁業上の指導者のことで、『播磨国風土記(はりまのくにふどき)』などの古い文献にもみえることば。ムラギメ、ムラギン、ムラガミなどともいわれ、現在、主として瀬戸内海から九州地方に残り伝えられている。村君といえば一般に、漁業における網主・親方などの経営主、または漁夫長・漁労長などの沖合いでの作業上の指揮者をさす。しかし、江戸時代に伊豆の内浦(現沼津市)での村君は村の大網漁の経営主であるとともに村を支配する名主を務めた事実や、長崎県の福江島で村君が区長のような村の役職をさしている例からみると、元来は漁業だけではなく、村落生活全般において指導的地位にあった者、つまり村の長(おさ)のことをさしたものらしい。

[野口武徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 古く、村の代表者。村の責任者。村長(むらおさ)。里の長(おさ)
※播磨風土記(715頃)賀毛「播磨の国の田の村君(むらぎみ)、百八十の村君ありて」
② 二、三〇名以上の漁夫を使う網漁業の網主。また、その漁業を指揮する者。地方によっては、陸上での作業の指揮者を「村君」と称し、海上での漁労の指揮者を「沖合」「沖村君」などと称した。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村君の関連情報