コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松[町] むらまつ

百科事典マイペディアの解説

村松[町]【むらまつ】

新潟県中部,中蒲原(なかかんばら)郡の旧町。中心の村松は西部の村松盆地にあり,江戸時代は城下町,明治以後歩兵連隊が駐屯して以来,軍都として発展。ニット産業が盛んで,村松茶を特産。2006年1月五泉市へ編入。253.07km2。2万730人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むらまつ【村松[町]】

新潟県中部,中蒲原(なかかんばら)郡の町。人口2万1239(1995)。阿賀野川支流の早出(はやいで)川,能代川上流域を占め,町域の過半が山林である。五泉・加茂両市の間に位置し,五泉市とは蒲原鉄道で結ばれる。中世には菅名(すがな)荘のうちに含まれた。近世は堀氏3万石(村松藩)の城下町であった。1896年陸軍第2師団歩兵30連隊が置かれて以来,第2次大戦が終結するまでは軍都として栄えた。山村部は旧藩時代からの村松茶,村松縞の特産地として知られ,戦後は五泉市とともにニット産業が盛んになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android