来由(読み)らいゆ

精選版 日本国語大辞典 「来由」の意味・読み・例文・類語

らい‐ゆ【来由】

〘名〙 (「ゆ」は「由」の呉音) 物事の現在に至った理由。いわれ。来歴由来。らいゆう。
扶桑集(995‐999頃)七「橘才子以予為時。贈答之中屡有此句、余乃不然。故述来由。復次本韻 源英明

らい‐ゆう ‥イウ【来由】

〘名〙 (「ゆう」は「由」の漢音) =らいゆ(来由)
信長記(1622)一上「織田と称せん事を憚て、津田と名乗られしも、件の来由(ライユウ)とかや」 〔白居易‐潯陽春詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「来由」の意味・読み・例文・類語

らい‐ゆ【来由】

物事の現在に至った理由。いわれ。由来。らいゆう。
[類語]由来いわれ由緒来歴故事縁起歴史沿革変遷道程歴程足跡そくせき歩み年輪因縁成り立ちルーツ始まる因る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「来由」の読み・字形・画数・意味

【来由】らいゆう

由来。

字通「来」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android