来由(読み)らいゆ

精選版 日本国語大辞典「来由」の解説

らい‐ゆ【来由】

〘名〙 (「ゆ」は「」の呉音) 物事の現在に至った理由。いわれ。来歴由来。らいゆう。
※扶桑集(995‐999頃)七「橘才子以予為時。贈答之中屡有此句、余乃不然。故述。復次本韻 源英明

らい‐ゆう ‥イウ【来由】

〘名〙 (「ゆう」は「由」の漢音) =らいゆ(来由)
※信長記(1622)一上「織田と称せん事を憚て、津田と名乗られしも、件の来由(ライユウ)とかや」 〔白居易‐潯陽春詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android