東温(市)(読み)とうおん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東温(市)
とうおん

愛媛県の中央部にある市。2004年(平成16)に温泉(おんせん)郡の重信町(しげのぶちょう)と川内町(かわうちちょう)が合併、市制施行して成立(温泉郡は消滅)。北から西は松山市と接し、北東端の今治市、西条市との境にそびえる東三方ヶ森(ひがしさんぽうがもり)(1233メートル)の麓を水源とする重信川が山間地帯の山之内の南端の大畑(おおばたけ)で平地に出、典型的な扇状地を形成する。同川は伏流を繰り返しながら南流し、市域南西部で西に流れを変えて松山平野に入る。北境には白潰(しらつえ)(1156メートル)、明神ヶ森(1217メートル)、福見(ふくみ)山(1053メートル)などが連なる。伊予鉄道横河原(よこがわら)線が通り、国道11号、494号が走る。松山自動車道の川内インターチェンジがある。
 松山平野の東端にあたる北方(きたがた)の宝泉(ほうせん)で銅矛が出土している。南隣の南方(みなみがた)にある川上神社古墳は方墳で、横穴式石室の玄室の壁には県下最大級の一枚石が使われている。また金銅装の鞍金具など馬具類が豊富に出土した。室町時代には則之内(すのうち)の標高900メートルの山中に大熊城が築かれ、河野氏の一族戒能(かいのう)氏が拠った。江戸時代はほぼ松山藩領。松山から讃岐に向かう金毘羅(こんぴら)道が通り、南方、松瀬川(ませかわ)には伝馬屋や商家が立ち並んで賑わった。
 主要産業は林業と農業で、米、裸麦、タマネギ、ミカン、イチゴや花卉などを栽培する。とくに裸麦は全国有数の産地である。重信工業団地が立地し、愛媛大学医学部と附属病院、国立病院機構愛媛医療センターがある。南部は皿ヶ嶺連峰県立自然公園に含まれ景勝地にも恵まれている。面積211.30平方キロメートル、人口3万4613(2015)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android