コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松之山 まつのやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松之山
まつのやま

新潟県南部,東頸城丘陵の南部にある,十日町市西部の旧町域。長野県に接する。 1955年松之山村と浦田村が合体して,1958年町制。 2005年十日町市,川西町,中里村,松代町と合体して十日町市となる。信濃川支流の渋海川の上流域を占め,耕地が棚田状に開ける。日本有数の豪雪地帯で,積雪は 4mにも達する。雪崩や地すべりも頻発し,特に 1962年には大きな被害を受けた。松之山温泉には謡曲『松山鏡』の題材となった伝説で知られる鏡ヶ池など名所,旧跡が多い。付近にスキー場もある。一部は直峰松之山大池県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松之山
まつのやま

新潟県南部、東頸城(ひがしくびき)郡にあった旧町名(松之山町(まち))。現在は十日町(とおかまち)市の西部を構成する。旧松之山町は1958年(昭和33)町制施行。2005年(平成17)十日町市に合併。国道353号、405号が通じる。旧町域は東(ひがし)川、越道(こしみち)川、渋海(しぶみ)川が北流し、信濃(しなの)川水系の支流をなす。集落は本・支流の大地すべり面の棚田(たなだ)に依存し、県下一の豪雪地すべり地帯である。1962年の浦田(うらた)大地すべりでは、越道川支谷で幅2.4キロメートル、長さ3.6キロメートルにわたる大地すべりがおこり、371戸の民家と4.3平方キロメートルの耕地が被害を受けた。山峡の棚田は天水田が多く、収穫も不安定で、季節労働に依存せざるをえず、年々過疎化に悩まされている。県境の高原は直峰(なおみね)松之山大池(おおいけ)県立自然公園に指定され、温泉(松之山温泉)、スキー場に恵まれ、観光開発に力が注がれている。1月15日に行われるすみぬり祭は有名。松之山の大ケヤキは、天然記念物に指定されていたが近年、根元の老化で倒壊の危険が出たため伐採され指定を解かれた。跡地には記念碑が立てられた。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松之山の関連キーワード新潟県十日町市松之山松口新潟県十日町市松之山民俗資料館豪雪の館松之山温泉スキー場頸城(新潟県)新潟県十日町市松代(新潟県)松之山〈町〉十日町(市)小野塚 キイ松之山[町]松代[町]上越(市)大島[村]長尾為景小栗美作中門造川西町凌雲閣上越市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松之山の関連情報