松前藩主松前家墓所(読み)まつまえはんしゅまつまえけぼしょ

国指定史跡ガイドの解説

まつまえはんしゅまつまえけぼしょ【松前藩主松前家墓所】


北海道松前郡松前町松城にある松前藩の墓所。松前藩福山城の北に松前家の菩堤寺・法幢(ほうどう)寺があり、その境内の北東隅に松前家の墓所がある。1981年(昭和56)、墓所のある法幢寺境内を中心として国の史跡に指定された。墓所は大きく2つの区画に分かれる。一つは、法幢寺本堂寄りの区画で墓所全体の主区画となっている。西の端に南向きの正門がある東西に長い区画で、初代武田信広から4代までの合葬墓、信広の養父蠣崎(かきざき)季繁以下の墓、5代松前慶広(松前藩主初代)、7代から14代および16代から19代の墓ほか36基の墓が整然と配置されている。もう一つの区画は、東に接する南北に長い長方形の区画で、南端に裏門があり、6代と15代の墓を中心に12基の墓が並ぶ。墓はほとんどが約70cmから約140cmの五輪塔形式で石造の屋形風覆屋(おおいや)で保護されている。覆屋には木製の扉が付いており、扉と四壁に経文などが彫刻されている。墓石の中にはキリシタン信仰をうかがわせるものもあるが、関連資料はなく詳細は不明。多くは仏式の土葬だが18代徳広からは神式に変わっている。墓所そのものの築造は、主区画の中心をなす松前藩2代藩主である7代公広(きんひろ)が藩主を務めていた17世紀前半と推定されている。法幢寺本堂南西には、松前家の御霊屋があり、歴代藩主等の位牌が納められている。JR江差線ほか木古内駅から函館バス「松城」下車、徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android