青方氏(読み)あおかたうじ

百科事典マイペディアの解説

青方氏【あおかたうじ】

肥前(ひぜん)国松浦(まつら)郡を本拠とした中世の豪族。平安時代末に母の縁でこの地に土着した奈良東大寺僧尋覚を始祖とする。鎌倉時代に幕府御家人となって青方氏を名乗る。南北朝時代には松浦一族と称してしばしば一揆契約を結んだ。江戸時代には五島(ごとう)藩士となる。鎌倉〜室町時代の《青方文書》は国人一揆・漁業関連など松浦党関係史料中で最もすぐれた内容を有する。→宇野御厨
→関連項目松浦氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおかたうじ【青方氏】

肥前国松浦郡青方(現,長崎県南松浦郡上五島町)を本拠とした中世の豪族。藤原姓。玄城房尋覚を始祖とする。尋覚ははじめ東大寺の僧であったが,母が肥前国宇野御厨内小値賀島(現,長崎県北松浦郡小値賀町)の本領主清原是包の妹であった所縁から平安時代末に肥前国五島に来住,是包より小値賀島と浦部島(現,長崎県南松浦郡中通島)を譲られ,この地に土着した。その後,建久7年(1196)7月12日前右大将家政所下文によって,小値賀島地頭職に補任され,鎌倉御家人となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青方氏
あおかたうじ

肥前国五島(ごとう)の中の浦部(うらべ)島(現、中通島)青方(現、長崎県南松浦郡新上五島町青方郷(あおかたごう))を本貫地(ほんがんち)とする藤原姓の在地土豪。青方氏は平安時代以来、この地に居住した開発領主(かいほつりょうしゅ)の子孫で、長崎県立長崎図書館に所蔵されている465通に及ぶ鎌倉時代から戦国時代に至る「青方文書」と、江戸時代末に編纂された「青方家譜」2冊によって、青方氏の歴史を詳細に知ることができる。鎌倉幕府によってこの地の地頭職(じとうしき)を安堵(あんど)されて、鎌倉御家人となり、南北朝時代には松浦党(まつらとう)の一員となり、しばしば国人一揆(こくじんいっき)や惣的(そうてき)結合を結んでいる。江戸時代には近世大名五島氏(福江藩)の家臣となり、幕末にはその家老にも任命されている。[瀬野精一郎]
『瀬野精一郎編『青方文書1、2』(1975、1976・続群書類従完成会) ▽瀬野精一郎著『鎮西御家人の研究』(1975・吉川弘文館) ▽瀬野精一郎著『松浦党研究とその軌跡』(2010・青史出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android