コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶(1) かじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶(1) かじ

?-? 江戸時代前期-中期の歌人。
京都祇園で茶店松屋をいとなみ,元禄(げんろく)-宝永(1688-1711)のころに活躍。松屋をついだ養女の百合,その娘の町(池大雅の妻玉瀾(ぎょくらん))とともに「祇園三女」とよばれた。通称は祇園梶子。家集に「梶の葉」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梶(1)の関連情報