コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶(1) かじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶(1) かじ

?-? 江戸時代前期-中期の歌人。
京都祇園で茶店松屋をいとなみ,元禄(げんろく)-宝永(1688-1711)のころに活躍。松屋をついだ養女の百合,その娘の町(池大雅の妻玉瀾(ぎょくらん))とともに「祇園三女」とよばれた。通称は祇園梶子家集に「梶の葉」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梶(1)の関連キーワード歌人

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android