コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌ガルタ ウタガルタ

デジタル大辞泉の解説

うた‐ガルタ【歌ガルタ】

小倉百人一首などの和歌を利用したカルタ。読み札には1首の全句を、取り札には下の句のみを記してあり、読み札に一致する取り札を取り合い、その数の多少を競う。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うたガルタ【歌ガルタ】

和歌を用いたカルタ。また、その遊び。和歌の上の句、または一首全体を書いた読み札と、下の句だけを書いた取り札とからなる。近世初期に始まった。
「百人一首」のこと。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歌ガルタの関連キーワード歌留多・加留多・骨牌原語別外来語集取り札・取札読み札・読札読み手・読手カルタ取り競技カルタ散らし取り歌と読み詩ガルタ続松取りカルタ会百人一首上の句歌留多文字札続松歌貝読手読札

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android