コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正木亮 まさきあきら

4件 の用語解説(正木亮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正木亮
まさきあきら

[生]1892.3.25. 広島
[没]1971.8.22. 東京
刑事法学者。日本の矯正実務の改革に多大の貢献をした。 1920年検事となり,41年司法省刑政局長をつとめ,46年名古屋控訴院検事長を最後に退官。以後は弁護士として活躍した。帝銀事件メッカ殺人事件などが有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

正木亮【まさきあきら】

検事,弁護士,刑事政策学者。広島県生れ。1918年東京帝国大学卒業後,検察官として監獄行政を担当,体験入獄もした。仮釈放審査規程など行刑関係法令の立案に関与し,監獄の改良に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正木亮 まさき-あきら

1892-1971 大正-昭和時代の検事,行刑学者。
明治25年3月25日生まれ。刑法学者牧野英一の影響をうけ,検察官となり監獄改良につとめる。司法省行刑局長,広島控訴院検事長などを歴任。戦後は弁護士,矯正協会会長。死刑廃止論者としても知られる。昭和46年8月22日死去。79歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「監獄法概論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まさきあきら【正木亮】

1892‐1971(明治25‐昭和46)
検事,弁護士,刑事政策学者。広島県生れ。牧野英一教育刑論の影響から監獄の理論および実務に関心を持ち,1918年,東京帝大卒業後,検察官として監獄行政を担当する。志願囚となり,実際に監獄生活も体験した。司法省にあって,監獄改良に努力し,仮釈放審査規程,行刑累進処遇令など行刑関係法令の立案に関与するなど,その制定に寄与した。1941年司法省行刑局長となり,その後,刑政局長,広島・名古屋各控訴院検事長を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正木亮の関連キーワード特別弁護人弁護士法政策学当番弁護士土肥孝治中野並助前田宏安原美穂吉田真策横田尤孝

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone