コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正木亮 まさきあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正木亮
まさきあきら

[生]1892.3.25. 広島
[没]1971.8.22. 東京
刑事法学者。日本の矯正実務の改革に多大の貢献をした。 1920年検事となり,41年司法省刑政局長をつとめ,46年名古屋控訴院検事長を最後に退官。以後は弁護士として活躍した。帝銀事件,メッカ殺人事件などが有名である。師牧野英一教育刑論の影響のもとで,犯罪者の矯正問題に教育学心理学精神医学などを導入した。また熱心な死刑廃止論者でもあった。『行刑上の諸問題』 (1928) ,『死刑』 (56) ,『刑法刑事政策』 (63) などの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

正木亮【まさきあきら】

検事,弁護士,刑事政策学者。広島県生れ。1918年東京帝国大学卒業後,検察官として監獄行政を担当,体験入獄もした。仮釈放審査規程など行刑関係法令の立案に関与し,監獄の改良に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

正木亮 まさき-あきら

1892-1971 大正-昭和時代の検事,行刑学者。
明治25年3月25日生まれ。刑法学者牧野英一の影響をうけ,検察官となり監獄改良につとめる。司法省行刑局長,広島控訴院検事長などを歴任。戦後は弁護士,矯正協会会長。死刑廃止論者としても知られる。昭和46年8月22日死去。79歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「監獄法概論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まさきあきら【正木亮】

1892‐1971(明治25‐昭和46)
検事,弁護士,刑事政策学者。広島県生れ。牧野英一の教育刑論の影響から監獄の理論および実務に関心を持ち,1918年,東京帝大卒業後,検察官として監獄行政を担当する。志願囚となり,実際に監獄生活も体験した。司法省にあって,監獄改良に努力し,仮釈放審査規程,行刑累進処遇令など行刑関係法令の立案に関与するなど,その制定に寄与した。1941年司法省行刑局長となり,その後,刑政局長,広島・名古屋各控訴院検事長を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正木亮の関連キーワード行刑累進処遇令検察官(法律)昭和時代刑務所退官

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android