コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比婆山 ひばやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比婆山
ひばやま

別称美古登山。広島,島根,鳥取の3県にまたがる中国山地中部の山。標高 1264m。烏帽子山 (1225m) ,吾妻山 (1239m) ,立烏帽子山 (1299m) ,竜王山 (1256m) などとともに比婆連峰を形成する。イザナギノミコトをまつった山として古来信仰があつい。山麓に熊野神社,那智滝があり,付近はブナの原生林が繁茂。県民の森として親しまれ,冬季はスキー場となる。比婆道後帝釈国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひば‐さん【比婆山】

広島県北東部、庄原(しょうばら)市北部にある山。比婆山地の一峰。標高1299メートル。山頂には比婆山伝説の主人公である伊弉冉尊(いざなみのみこと)を葬ったとされる円墳があり、県史跡。1平方キロメートルにおよぶブナ林は国指定天然記念物。草原は牛の放牧場となっている。比婆道後(どうご)帝釈(たいしゃく)国定公園に属する。美古登(みこと)山。御陵(ごりょう)山。ひばやま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

比婆山【ひばやま】

広島・島根県境の山塊。立烏帽子山(最高峰,1299m),烏帽子山,吾妻山などからなる。古くから信仰の対象とされ,《古事記》にみえる。山頂に久米神社が祀られる。ブナの純林(天然記念物)をもつほか,スキー場としても知られる。
→関連項目庄原[市]比和[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひばやま【比婆山】

広島県比婆郡の北部,島根県境近くに位置する山。標高1264m。《古事記》に記される,伊邪那美(いざなみ)神を葬った〈出雲国と伯伎(ははき)国の堺の比婆の山〉にあたるといわれ,美古登(みこと)山,御陵(ごりよう)山とも呼ばれる。また県境にある烏帽子(えぼし)山(1225m)から比婆山,立烏帽子(たてえぼし)山(1299m),池ノ段(1279m),竜王山(1256m)と,南東に連なる5峰を総称して比婆山ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕比婆山(ひばやま)


広島県の北東部、島根との県境に位置し、烏帽子(えぼし)山から南部の立(たて)烏帽子山を含めた総称。最高峰は立烏帽子山で標高1299m。道後(どうご)山、帝釈(たいしゃく)峡とともに比婆道後帝釈国定公園の主要部を形成。伊奘冉尊(いざなみのみこと)が葬られた地といわれ、古来、信仰の対象となった。天然記念物のブナ純林がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比婆山
ひばやま

広島・島根県境にあり、中国脊梁(せきりょう)山地の烏帽子(えぼし)山(1225メートル)、吾妻(あづま)山(1239メートル)、立烏帽子(たてえぼし)山(1299メートル)、竜王(りゅうおう)山(1255メートル)などから形成される。山頂部はいずれも高位平坦(へいたん)面で、緩やかな斜面となっている。『古事記』には伊邪那美命(いざなみのみこと)を比婆の山に葬ったと記され、比婆山は信仰の対象とされ、周辺には遙拝(ようはい)所跡とされる巨岩が多い。またブナの純林は国指定天然記念物。比婆道後帝釈(どうごたいしゃく)国定公園の一部。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

比婆山の関連キーワード吾妻山(島根・広島県境)ひろしま県民の森スキー場広島県庄原市西城町熊野広島県庄原市西城町油木広島県庄原市西城[町]伊奘冉尊伊弉冉尊ヒバゴン黄泉国道後山庄原市西城比和

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android