気受け(読み)キウケ

デジタル大辞泉「気受け」の解説

き‐うけ【気受け】

他人が、その人に対して持つ好悪の感情。受け。「世間の気受けがよい人」
[類語]評判世評評価人気受け人受け聞こえ声聞せいぶん声名せいめい名声盛名しん信頼信任信望人望定評暖簾のれん覚え名望声望徳望人気魅力名誉名聞めいぶん面目体面面子メンツ一分いちぶん沽券こけん声価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android