名聞(読み)みょうもん

精選版 日本国語大辞典「名聞」の解説

みょう‐もん ミャウ‥【名聞】

〘名〙 (形動)
名声が世間に広くこえているさま。世間での名声や評判。ほまれ。〔法華義疏(7C前)〕
※今昔(1120頃か)一二「偏に名聞を離れて、官職を辞して遂に横川に籠居ぬ」 〔荘子‐人間世〕
② 名誉やよい評判を得るために、体裁をつくろうこと。偽善をなすこと。また、そのさま。
※大鏡(12C前)二「ちちおとどよりも、御心ざまわづらはしく、くせぐせしきおぼえまさりて、名聞になどぞおはせし」
※落語・本能寺(1898)〈六代目桂文治〉「何商売でも六ヶ敷く御坐いますけれども、其内にも俳優は誠に名聞(ミャウモン)な者で御坐います」

めい‐ぶん【名聞】

〘名〙 世間での評判や名声。みょうもん。〔音訓新聞字引(1876)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「名聞」の解説

みょう‐もん〔ミヤウ‐〕【名聞】

[名・形動]
名声が世間に広まること。世間での評判・名声。ほまれ。「名聞を求める」
名声を求めて世間体をつくろうこと。また、そのさま。
「この大将は…、―になどぞおはせし」〈大鏡・師尹〉

めい‐ぶん【名聞】

世間での評判や名声。みょうもん。「名聞にこだわる」
[類語]勇名雷名威名英名佳名驍名高名嬌名好評有名著名名うて名声美名盛名英名令名名誉栄冠栄光栄誉光栄誉れ光輝栄名声誉面目体面面子メンツ一分いちぶん沽券こけん声価信用信望

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android