コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水若酢神社 ミズワカスジンジャ

5件 の用語解説(水若酢神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みずわかす‐じんじゃ〔みづわかす‐〕【水若酢神社】

島根県隠岐(おき)郡隠岐の島町にある神社。主祭神は水若酢命。隠岐国一の宮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水若酢神社【みずわかすじんじゃ】

島根県隠岐郡五箇村(現・隠岐の島町)に鎮座。旧国幣中社。水若酢命などをまつる。仁徳天皇の時の鎮座と伝える。延喜式内の名神大社とされ,隠岐国の一宮。例祭は5月3日。
→関連項目隠岐諸島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

水若酢神社

島根県隠岐郡隠岐の島町にある神社。創祀は不明。祭神は水若酢命、中言神(なかことのかみ)、鈴御前(すずごぜん)。隠岐国一之宮。島後(どうご)島に位置する。本殿は国の重要文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みずわかすじんじゃ【水若酢神社】

島根県隠岐郡五箇村に鎮座。水若酢命を主神とし,中言神,鈴御前を配祀する。創建年代不詳。社伝では崇神天皇のとき,伊後(いご)の海岸に水若酢命が上陸,捧羽山(ほうばさん)を経て現在地よりやや西北の地に移り,当地方を開発,のち奉斎されたが洪水にあい現社地に遷座したという。境内に隠岐最大の古墳があり,また付近に古墳の点在する沃野に鎮座。延喜の制で名神大社。のち隠岐国一宮。旧国幣中社。例祭5月3日。隠岐造の現社殿は1795年(寛政7)造営。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水若酢神社
みずわかすじんじゃ

水若酢命(みずわかすのみこと)神社とも。隠岐(おき)国の一宮(いちのみや)で島根県隠岐郡隠岐の島町郡(こおり)に鎮座する。延喜(えんぎ)式内社(名神大)で旧国幣中社。兵火などにより古文書、縁起が失われたため、創建や祭神には未詳の点が少なくない。寛政(かんせい)年中(1789~1801)の文書によれば、創建は仁徳(にんとく)天皇の時代である。水若酢命を祀(まつ)り、中言神(なかことのかみ)、鈴御前(すずごぜ)を配祀(はいし)する。『続日本後紀(しょくにほんこうき)』承和(じょうわ)9年(842)9月14日条に官社に列した記事がみえ、『隠岐国神名帳』は神階を正四位上と記す。幕末に国学者中西毅男(たけお)が当社内に膺懲館(ようちょうかん)を建て尊王攘夷(じょうい)を唱えたことが、後の隠岐騒動につながっていった。社家は忌部(いんべ)氏の世襲。例祭は5月3日。この日隔年で行われる水若酢神社祭礼風流(ふりゅう)は県の無形民俗文化財に、本殿は国の重要文化財に指定されている。境内の東隅と北隅に古墳が各1基ある。[平泉隆房]
『水若酢神社編『水若酢神社』(2005・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水若酢神社の関連キーワード隠岐諸島国賀海岸大社教隠岐恵比須網端須佐神社物部神社いそっ子隠岐の牛突き三浦正道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水若酢神社の関連情報