江戸半太夫(初代)(読み)えど はんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江戸半太夫(初代) えど-はんだゆう

?-1743 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
はじめ説経祭文(せっきょうさいもん)をかたっていたが,江戸肥前掾(ひぜんのじょう)に入門。半太夫節を創始し,江戸堺町で操り芝居を興行した。薩摩(さつま)浄雲以来の江戸浄瑠璃の名人といわれた。隠居して坂本梁雲(りょううん)を名のる。弟子に初代十寸見河東(ますみ-かとう)ら。寛保(かんぽう)3年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

江戸半太夫(初代)

没年:寛保3?(1743)
生年:生年不詳
江戸前期に活躍した半太夫節(江戸節)の太夫。修験者の子で幼名を半之丞といい,初め説経祭文の上手であったが,江戸肥前掾に師事して浄瑠璃太夫となり,江戸堺町で操り芝居を始めたという(『本朝世事談綺』1734)。その浄瑠璃は半太夫節といわれ,薩摩浄雲以後の江戸での名人といわれた。『声曲類纂』(1847)には,半太夫が興行を一時退転しようとしたとき,これを惜しんだ紀伊国屋文左衛門が2000両の金を貸し与えて続けさせたという逸話がみえる。一段物の稽古本はあるが,完全な正本は残されていない。正徳年間(1711~16)に剃髪して坂本梁雲と称した。享保4(1719)年,休座中の劇場を辰松座に貸して操り興行をやめる。同年刊の段物集『鳰鳥』に,江戸半太夫事坂本梁雲の名で序文を書き,同8年刊の『にほとり万葉集』には,江戸太夫隠居坂本梁雲と記している。その語り物の一部は,弟子の江戸太夫河東(初代十寸見河東)のはじめた河東節に伝承されている。弟子にはほかに,十寸見蘭州,江戸太夫双笠らがよく知られている。なお2代目以降はお座敷浄瑠璃を専門にして,「助六」にだけ歌舞伎出演していたが,その名跡は幕末の7代目で終わっている。

(竹内道敬)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android