コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖ノ島遺跡 おきノしまいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖ノ島遺跡
おきノしまいせき

福岡県沖ノ島にある大規模な祭祀遺跡。沖ノ島は玄界灘孤島で,宗像三宮の一つ沖津宮が鎮座し,古来神の島とも呼ばれていた。社殿は島の南西中腹に位置しているが,1954~58,69~71年に調査が行われ,社殿近辺に累積重畳する巨岩を中心に,4~10世紀にわたる鏡,装身具馬具石製模造品,金銅製雛形品,容器類,利器類など総数約5万点が発見されている。質的にすぐれたものも多く,金銅製竜頭,唐三彩など日中交流を物語る遺物もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おきのしま‐いせき〔‐ヰセキ〕【沖ノ島遺跡】

福岡県の沖ノ島にある遺跡。海上交通に関する国家的祭祀の場であったらしく、鏡・玉・石製模造品など豊富な遺物の中には、朝鮮・中国・ペルシアから渡来したものも含む。
[補説]沖ノ島は、平成29年(2017)「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

沖ノ島遺跡【おきのしまいせき】

福岡県沖ノ島の古墳時代に始まる祭祀(さいし)遺跡。1954年以降の学術調査により,宗像(むなかた)大社(沖津宮)の周囲の岩陰から鏡,玉類,刀剣,馬具などの遺物が発見された。
→関連項目沖島祭祀遺跡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国指定史跡ガイドの解説

おきのしまいせき【沖ノ島遺跡】


⇒宗像神社境内(むなかたじんじゃけいだい)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の沖ノ島遺跡の言及

【筑前国】より

…弥生時代には先進的な文化が発達し,福岡市の板付や春日市の須玖岡本などすぐれた遺跡や遺物に富んでいる。古墳時代にも嘉穂郡の王塚や鞍手郡の竹原などの装飾古墳に見られるような独自の文化が発達し,宗像郡の沖ノ島遺跡は海上交通にかかる祭祀遺跡として有名である。対外交渉が頻繁になるにつれて当国はその重要性を増し,536年那津(なのつ)(福岡市)に官家(みやけ)が修造され,7世紀初頭にはその長官とみられる筑紫大宰(つくしのおおみこともち)が出現した。…

※「沖ノ島遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沖ノ島遺跡の関連キーワード岡崎敬磐座

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖ノ島遺跡の関連情報