河口ぜき(河口堰)(読み)かこうぜき

世界大百科事典 第2版の解説

河川の河口付近に造られるせき(堰)で,渇水時期に塩水が遡上するのを防止するとともに,新たに水資源を開発することに主目的がある。塩水の遡上のみを防止する潮止めぜきや,高潮を防ぐことを主眼とする防潮ぜきとは異なるが,河口ぜきに高潮防御の目的をもたせることもある。河口ぜきで新たに水資源を開発し得る理由は,塩害防止などのために確保されている維持用水を新規利水に転換できることにあり,例えば,利根川河口ぜき(1971完成)の場合では,塩害防止や河口維持などのために必要とされていた利根川下流の維持用水50m3/sのうち20m3/sが,東京都,埼玉県,千葉県の水道用水工業用水に転用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android