コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河口ぜき(河口堰) かこうぜき

1件 の用語解説(河口ぜき(河口堰)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かこうぜき【河口ぜき(河口堰)】

河川の河口付近に造られるせき(堰)で,渇水時期に塩水が遡上するのを防止するとともに,新たに水資源を開発することに主目的がある。塩水の遡上のみを防止する潮止めぜきや,高潮を防ぐことを主眼とする防潮ぜきとは異なるが,河口ぜきに高潮防御の目的をもたせることもある。河口ぜきで新たに水資源を開発し得る理由は,塩害防止などのために確保されている維持用水を新規利水に転換できることにあり,例えば,利根川河口ぜき(1971完成)の場合では,塩害防止や河口維持などのために必要とされていた利根川下流の維持用水50m3/sのうち20m3/sが,東京都,埼玉県,千葉県の水道用水工業用水に転用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河口ぜき(河口堰)の関連キーワード厓山感潮河川那賀川河口港左岸由良の門量水標田蓑の島平衡断面

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone