ゲート

精選版 日本国語大辞典「ゲート」の解説

ゲート

〘名〙 (gate 「門」の意)
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「芝生に鉄のゲートを立てると」
② 在日米軍、自衛隊の基地の出入口。
※カクテル・パーティー(1967)〈大城立裕〉前「ゲートをはいると、きれいに舗装された道が二手にわかれて」
③ 飛行場で、乗客の乗降口。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「満面笑み浮かべた日本人旅行客〈略〉どやどやとゲートからあらわれ」
④ 競馬場でスタートの瞬間まで馬を入れておく仕切。スタートの合図でいっせいに開く。
⑤ ダム、水路水門
⑥ 有料道路の料金徴収所の、車両の通路
※銀座二十四帖(1955)〈井上友一郎〉一二「小さなゲートの下で、ちゃんと十円の釣り銭を用意して立っていた係員に」
⑦ 電界効果トランジスタの電極
⑧ コンピュータの中央処理装置などを構成する論理回路。いくつかの入力信号に対して、ただ一つの信号を出力する。ゲート回路

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ゲート」の解説

ゲート
gate

潮の逆流防止や悪水排除,舟運などのために,堤防を切って設けられる調節可能な門をゲートまたは水門と呼ぶ。水量の調節をはかるために,ダムの上部にその一部を切り開いて設けられるものもある。また,灌漑,上水道などの用水の取入れのために,河川直角に川を横断して設けるものを堰と呼び水位流量が調節可能な可動堰に用いられる構造物もゲートと呼ばれている。ゲートには,上下に動かすスルースゲート sluice gate,断面が弧形で,中心軸のまわりに回転しながら開閉するテンターゲート Tainter gate,その他ローリングゲート,起伏ゲート,フラップゲートなど,形のうえからも多くの種類がある。

ゲート
gate

水門の開閉によって水量を調節することから,半導体素子において,主電流や主電圧を制御するための信号を加える電極をいう。電界効果トランジスタ FETではゲートに加える電圧を変化させることにより,ソースドレイン間に流れる電流を制御し,サイリスタではゲートに加える電流によって負性抵抗特性が開始するブレークオーバー電圧を制御する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ゲート」の解説

ゲート(gate)

門。出入り口。
水門。「ダムのゲート
競馬場で、スタート時に馬を入れていっせいに発馬できるようにした仕切り。
旗門。スキーのアルペン種目スノーボード競技で、コースを指示する2本ずつの旗やポール。選手はこの間を通過しながら滑降する。
電界効果トランジスタ(FET)の電極のうち、電流通路のコンダクタンスを制御する電極。
入力信号を切断したり接続したりする電子回路。コンピューターなどでは、アンドオアなどの論理演算を行う回路。論理ゲート。→論理回路
[類語]もんかど正門表門裏門アーチ通用門楼門城門山門大手門から冠木かぶき上げ土門凱旋門背戸鳥居

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「ゲート」の解説

ゲート

入力信号の条件により出力信号のが変わる論理回路の基本的な構成要素。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android