コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カイ

4件 の用語解説(蟹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい【蟹】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カイ(漢) [訓]かに
〈カイ〉節足動物の名。カニ。「蟹甲蟹行
〈かに(がに)〉「蟹座蟹玉蟹工船沢蟹山蟹
[補説]「蠏」は異体字。
[難読]蟹股(がにまた)

かに【×蟹】

十脚目短尾亜目の甲殻類の総称。体は頭胸部にあたる甲と、一対のはさみ脚および四対の歩脚からなる。腹部は甲の腹側に折れ曲がって密着し、雌のほうが幅広い。海水・淡水・陸のいずれにも分布し、食用とするものが多い。ふつう横向きに歩行するが、前または後方に歩ける種もある。サワガニスナガニガザミケガニなど。 夏》「原爆許すまじ―かつかつと瓦礫あゆむ/兜太
蟹屎(かにくそ)」の略。
[補説]書名別項。→

かに【蟹】[書名]

河野多恵子短編小説。昭和38年(1963)発表。同年、第49回芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かに【蟹】

甲殻綱十脚目のうち尾の短い一群の節足動物の総称。一対のはさみと四対の歩脚、堅い甲を持ち、大部分は横にはう。海産・淡水産とも種類が多く、大きさもさまざま。食用になるものも多い。タラバガニやヤシガニは分類上カニ類ではないが、一般にはカニと呼ばれる。
俳句で、サワガニや、磯にいる小さいカニ類。 [季] 夏。 《 さかしげに帆綱をのぼる小-かな /鈴鹿野風呂 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蟹の関連キーワード上り・甲砂山チェリー花菱鎧・甲杏葉(甲)甲(袈裟)甲(甲冑)甲(行政組織)鎧(甲)作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟹の関連情報