コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

4件 の用語解説(蟹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい【蟹】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カイ(漢) [訓]かに
〈カイ〉節足動物の名。カニ。「蟹甲蟹行
〈かに(がに)〉「蟹座蟹玉蟹工船沢蟹山蟹
[補説]「蠏」は異体字。
[難読]蟹股(がにまた)

かに【×蟹】

十脚目短尾亜目の甲殻類の総称。体は頭胸部にあたる甲と、一対のはさみ脚および四対の歩脚からなる。腹部は甲の腹側に折れ曲がって密着し、雌のほうが幅広い。海水・淡水・陸のいずれにも分布し、食用とするものが多い。ふつう横向きに歩行するが、前または後方に歩ける種もある。サワガニスナガニガザミケガニなど。 夏》「原爆許すまじ―かつかつと瓦礫あゆむ/兜太
蟹屎(かにくそ)」の略。
[補説]書名別項。→

かに【蟹】[書名]

河野多恵子短編小説。昭和38年(1963)発表。同年、第49回芥川賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かに【蟹】

甲殻綱十脚目のうち尾の短い一群の節足動物の総称。一対のはさみと四対の歩脚、堅い甲を持ち、大部分は横にはう。海産・淡水産とも種類が多く、大きさもさまざま。食用になるものも多い。タラバガニやヤシガニは分類上カニ類ではないが、一般にはカニと呼ばれる。
俳句で、サワガニや、磯にいる小さいカニ類。 [季] 夏。 《 さかしげに帆綱をのぼる小-かな /鈴鹿野風呂 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟹の関連情報