(読み)カイ

デジタル大辞泉の解説

かい【蟹】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カイ(漢) [訓]かに
〈カイ〉節足動物の名。カニ。「蟹甲蟹行
〈かに(がに)〉「蟹座蟹玉蟹工船沢蟹山蟹
[補説]「蠏」は異体字。
[難読]蟹股(がにまた)

かに【×蟹】

十脚目短尾亜目の甲殻類総称。体は頭胸部にあたる甲と、一対のはさみ脚および四対の歩脚からなる。腹部は甲の腹側に折れ曲がって密着し、雌のほうが幅広い。海水・淡水・陸のいずれにも分布し、食用とするものが多い。ふつう横向きに歩行するが、前または後方に歩ける種もある。サワガニスナガニガザミケガニなど。 夏》「原爆許すまじ―かつかつと瓦礫あゆむ/兜太
蟹屎(かにくそ)」の略。
[補説]書名別項。→

かに【蟹】[書名]

河野多恵子短編小説。昭和38年(1963)発表。同年、第49回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かに【蟹】

甲殻綱十脚目のうち尾の短い一群の節足動物の総称。一対のはさみと四対の歩脚、堅い甲を持ち、大部分は横にはう。海産・淡水産とも種類が多く、大きさもさまざま。食用になるものも多い。タラバガニやヤシガニは分類上カニ類ではないが、一般にはカニと呼ばれる。
俳句で、サワガニや、磯にいる小さいカニ類。 [季] 夏。 《 さかしげに帆綱をのぼる小-かな /鈴鹿野風呂 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かに【蟹】

〘名〙
① 甲殻類十脚目短尾下目に属する節足動物の総称。体は一枚の甲羅(こうら)でおおわれた頭胸部と縮小した腹部からなっている。腹部は普通七節あるが、筋肉が退化していて運動器官としては役に立たない。しかし、雌はこの内側に卵を抱いて保護する。五対の脚のうちの第一脚は、はさみになっていて餌をとったり攻撃などに役立つ。多くの種類が横這いで運動する。卵は雌の腹部に付着して発生がすすみ、ゾエア幼生になって卵から孵化(ふか)し、浮遊生活をしながらメガロパを経て幼ガニになる。脱皮のたびに成長する。ほとんどが海産で、純淡水産のものは日本ではサワガニただ一種である。日本特産のタカアシガニは世界最大のカニで、はさみ脚を開いた両脚の長さが三メートル以上になる。世界に約五〇〇〇種がいて、日本にはそのうちの約一〇〇〇種ほどがすむ。ガザミ、ケガニ、ズワイガニなど水産資源として重要なものが多い。かね。横行介士。《季・夏》
※古事記(712)中・歌謡「この迦邇(カニ)や いづくの迦邇(カニ)、百伝(ももづた)ふ 角鹿(つぬが)の迦邇(カニ) 横去らふ 何処(いづく)に至る」
② ①のように、横に歩き、あるいは広がってすわること。また、その人をいう。蟹行(かいこう)。「屋台店のかにをきめる」
③ 遊女が客の目をぬすんで間夫(まぶ)に忍び逢いに行くこと。横番(よこばん)を切ること。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)三「けいせいは間夫のへのこでかにに成り」
④ 男根をはさむの意で、女陰、また娼婦(しょうふ)をいう俗語。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「ここら昔より、君達に仕うまつりつるに、程大きに、かにといふ物夢ばかりつき給はぬこそなけれ」
⑥ 小児の水瘡(みずかさ)
⑦ 紋所の名。①を図案化したもの。蟹、丸に真向き海蟹、面蟹などがある。
⑧ 人形浄瑠璃で用いるかしらの一つ。①の甲羅(こうら)のように横に広がった顔つきで、ちゃり役に用い、愚直な男のものと端敵(はがたき)のものとの二種類がある。
⑨ 生け花の花留(はなどめ)の一つ。金属製で、①の形をしたもの。
[語誌](1)「霊異記‐中・八」に載る蟹蛙報恩譚の背景には、蟹には祝福性の強い霊威が備わっているという信仰があると考えられている。また、脱皮を繰り返す蟹の生命力から生じた蟹の霊威への信仰のあらわれとされている。
(2)民話「猿蟹合戦」で蟹が柿の種を育てるのも、小正月の行事である成木責め(果樹の実りを予祝する)との関連が考えられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蟹の関連情報