コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい【蟹】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カイ(漢) [訓]かに
〈カイ〉節足動物の名。カニ。「蟹甲蟹行
〈かに(がに)〉「蟹座蟹玉蟹工船沢蟹山蟹
[補説]「蠏」は異体字。
[難読]蟹股(がにまた)

かに【×蟹】

十脚目短尾亜目の甲殻類総称。体は頭胸部にあたる甲と、一対のはさみ脚および四対の歩脚からなる。腹部は甲の腹側に折れ曲がって密着し、雌のほうが幅広い。海水・淡水・陸のいずれにも分布し、食用とするものが多い。ふつう横向きに歩行するが、前または後方に歩ける種もある。サワガニスナガニガザミケガニなど。 夏》「原爆許すまじ―かつかつと瓦礫あゆむ/兜太
蟹屎(かにくそ)」の略。
[補説]書名別項。→

かに【蟹】[書名]

河野多恵子短編小説。昭和38年(1963)発表。同年、第49回芥川賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かに【蟹】

甲殻綱十脚目のうち尾の短い一群の節足動物の総称。一対のはさみと四対の歩脚、堅い甲を持ち、大部分は横にはう。海産・淡水産とも種類が多く、大きさもさまざま。食用になるものも多い。タラバガニやヤシガニは分類上カニ類ではないが、一般にはカニと呼ばれる。
俳句で、サワガニや、磯にいる小さいカニ類。 [季] 夏。 《 さかしげに帆綱をのぼる小-かな /鈴鹿野風呂 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蟹 (カニ)

動物。カニ類の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

蟹の関連キーワード京都府木津川市山城町綺田文々舎蟹子丸(2代)山形県上山市矢来魂緒の星・鬼宿天津麺・天津麵中国藻屑蟹酔っ払い蟹蟹の横這い蟹サボテン横行の介士猿蟹合戦ケロイドがにまた擂り流し七種蓋置上海料理和島貞二月夜の蟹ビスク山椒鋲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蟹の関連情報