法蔵(1)(読み)ほうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法蔵(1) ほうぞう

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の僧。
7世紀後半に渡来。天武(てんむ)天皇14年(685)勅命により優婆塞(うばそく)益田金鐘(ますだの-こんしょう)とともに美濃(みの)(岐阜県)に派遣され,白朮(びやくじゆつ)(オケラの根でつくった生薬)をもとめ,これを煎(せん)じて献上し,絁(あしぎぬ)・綿・布をあたえられた。のち陰陽(おんよう)博士となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android