津島(市)(読み)つしま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津島(市)
つしま

愛知県西部にある毛織物工業都市。1947年(昭和22)市制施行。1955年神守(かもり)村、1956年永和村の一部を編入。名古屋鉄道津島線、同尾西(びさい)線、国道155号が通じる。また、近くに東名阪自動車道の蟹江(かにえ)インターチェンジがある。木曽川(きそがわ)のデルタとして形成された地域で、中心市街地が自然堤防上の微高地にあるほかは、大半が低湿な海抜ゼロメートル地帯にある。津島神社の門前町として発達し、旧天王(てんのう)川には津島湊(みなと)があり、桑名への渡津であった。毛織物はそれまで佐織縞(さおりじま)、白木綿(もめん)が中心だったが、1901年(明治34)片岡(かたおか)春吉によって開発された綿毛交織のセルジスにかわり、現在の毛織物工業に発展した。尾西毛織物工業地域南部の中核を担っている。しかし、市内工業のうち、繊維工業が占める割合は急速に低下し、1995年(平成7)には製造品出荷額で22%を占めていたが、2002年では11%と半減した。津島神社は津島牛頭天王(ごずてんのう)社ともよばれ、祭神は建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、大穴牟遅命(おおなむちのみこと)。7月第4土曜日とその翌日の日曜日に行われる川祭は車楽船(だんじりぶね)と花火でにぎわい、国の重要無形民俗文化およびユネスコの無形文化遺産となっている。津島神社の近くの天王川公園は、四季を通じて市民の憩いの場となっている。そのほか、江戸中期に建てられた堀田(ほった)家住宅が国の重要文化財。面積25.09平方キロメートル、人口6万3431(2015)。[伊藤郷平]
『『津島市史』全5巻(1970~1975・津島市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津島(市)の関連情報