コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流し雛[用瀬] ながしびな[もちがせ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流し雛[用瀬]
ながしびな[もちがせ]

鳥取県鳥取市用瀬で旧暦 3月3日に行なわれる祭り。人間の災厄穢れ雛人形に移して流す雛送りの風習の一つ。家々の祭壇での雛祭(→三月節供)のあと行なわれる。3日の夕刻,竹の骨に赤い色紙をはってつくった流し雛に火をともし,桟俵(さんだわら)と呼ばれる米俵の丸いふたの上に乗せて,モモや菜の花ツバキなどを添え,菱餅や炒り米,タニシクワイなどを積み込んで川に流す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android